人気YouTuberが月収を暴露!一攫千金を得ようと思いたくなるのも納得!

スポンサーリンク

今や小学生が将来なりたい職業のトップ10に入るようになったYouTuber。

動画を撮ってお金を稼ぐことができ、さらに人気者(インフルエンサー)になれるかもしれないとあって、夢をみたくなるのでしょう。

もちろんYouTuberと言ってもピンからキリまでありますが、人気があるインフルエンサーだと一体どれくらい稼いでいるにか気になります。

今回は、ある人気YouTuberが月にどれくらい稼いでいるのか暴露して、改めて夢のある職業だということが明らかになりました。

スポンサーリンク

人気YouTuberの月収は100万円超えは当たり前?

今回YouTuberとしての収益を公開したのは、カノックスター氏です。

先日公開した動画で収益について語りました。

「今月の収益、567万9949円です。」と動画の冒頭で告白!

トップYouTuberは相当稼いでいるのだなということが改めて証明されました。

 

YouTubeの動画はSNSで写真などを公開するのとは違い、編集などに相当労力がかかります。

10分程度の動画でも編集に8時間かかることもザラ、これができて、かつバズる内容を生み出せた人が大金を稼ぐことができるのでしょう。

 

これだけ収益が得られるので、芸能人や有名スポーツ選手なども次々に自分のYouTubeチャンネルを開設するのも頷けます。

編集にも力を入れており、プロの手を借りておりますので、それなりに費用もかかっているはずですが、十分利益を出せるのでしょう。

YouTube動画の再生回数を稼ぐため炎上覚悟で煽りたくもなるのかな

上記のツイートでもわかるように、月に100万回以上の再生で大台を越えるのかなというのがわかります。

YouTube動画の利益は動画に載る広告から収益を得ているので、再生回数がどれだけあるのかが鍵になります。

YouTubeアプリを開いた時に目立つ場所に出てくるよう、チャンネル登録や高評価ボタンを押してねと最後に言うのです。

とにかく色々な方法で自分の動画を見てもらおうと宣伝活動に力を入れているわけです。

 

しかし、中にはいわゆる炎上商法と言われる手段で目立ち、自分の動画を再生させようとするYouTuberもいます。

それがシバターとかゆたぼんです。

煽るだけ煽り、アンチの反感を集め、どんなふざけた動画を上げているのだと、あえて誘導しています。

ファンだろうがアンチだろうが、動画を再生させてしまえば勝ちなので。

 

最近はユーザー側もそれをわかってることが多いので、動画は再生せず掲示板やSNSに批判コメントを入れるか、完全無視するかしています。

(要はゆたぼんとかの養分にならないようにするため)

最近日本一周をしているゆたぼん親子が、なぜ煽ったり炎上するような行為をしているのか、これで理由がわかるというものです。

 

YouTuberがで始めた頃は、くだらない内容を投稿したり、炎上やアンチ商法で再生数を稼いだりする奴らが多く、世間からは受け入れられておりませんでした。

しかし、今ではタメになる情報を発信しているYouTuberも増えており、ジャンルも多種多様になり、老若男女が楽しめるコンテンツになりつつあります。

もし大当たりすれば月収100万円も夢ではありません。

そのためにどんなものが人気があるのかなどトレンドを掴め、撮影や編集作業に労力を惜しまない人が成功するのではないでしょうか。

そして、わざと炎上させたり煽るYouTuberの正体も徐々に知られるようになり、自然に消えていくことでしょう。