スーパーで流れる「ポポポポポ〜」は「呼び込み君」と名前がついてるのを知ってますか

よくスーパーや小売店でこういう装置が置いてあり「ポポポポポ〜、ポポポポポ〜、ポポ〜ポポポポ」というたて笛のような音を聞いたことありませんか。

よく焼き芋を売っているコーナーなどで流れていることが多い気がします。

あるいはこんなパターンの装置の場合もあります。

今まで特に気にしていなかったのですが、実はこの装置に「呼び込み君」という名前がついていることを知っていましたでしょうか。

呼び込むための音楽を流すから、そのままひねりもないのですが、なんか不思議と愛着が湧く感じがしませんか。

そもそも、この呼び込み君というのは、一体どんな経緯で開発、販売されたのでしょうか?

スポンサーリンク

スーパーや小売店でよく流れる「呼び込み君」とは

「ポポポポポ〜」とか「プププププ〜」などと文字で表してもピンとこないかもしれませんが、上の動画を再生して聞いてもらうと、聞いたことがあるという方は結構多いのではないでしょうか。

軽やかな音で流れ、なんとなく楽しい気分になるこの音楽。

おそらく日本全国に広まってるのではないでしょうか。

そして、この音楽を流す装置に「呼び込み君」という名前がついていることを最近知りました。

 

そもそも、この呼び込み君とは一体どんなものなのでしょうか?

この商品は群馬県にある「群馬電機」が開発し、2000年から販売されております。

実はこれまで4万台以上も売れているロングセラー商品なのです。

呼び込み君が発売される前までは、こういう音楽(BGM)を流すときはカセットテープを再生していましたが、どうしてもテープが伸びるなど劣化してしまいます。

そのため劣化せず半永久に使えるものが欲しいとの声が上がり作られたのが呼び込み君です。

半導体(メモリー)に音楽を収録し、さらに声も録音できる優れもので、たちまち人気商品になりました。

そのときに採用された音楽が、あのお馴染みのメロディーで、今も長く使われています。

詳しい話は群馬電機の公式ページでも紹介されておりますので、詳しくはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

呼び込み君がミニサイズのおもちゃになって販売されることに

今回「呼び込み君」のことを知るきっかけとなったのが、この記事にある通り、おもちゃになって発売されることが話題になったことでした。

あの「ポポポポポ〜」のBGMがわずか700円ほどのおもちゃになって発売されることになりました。

(もちろん発売元の群馬電機の許可は得ています)

音楽(BGM)もほぼ完璧に再現されています。

 

本物の呼び込み君は2万円ほどするのですが、それに比べ随分と小型ですが、ここまで再現するとは面白いです。

録音機能はついておりませんが、スーパーのあの音楽を手元で手軽に楽しむのにはちょうどいいです。

自分の癒しのために使ってもよし、友人などに自慢して聞かせるのもよし。

いろいろな遊び方ができそうです。

 

もしミニではなく本物の「呼び込み君」もamazonや楽天などで購入することが可能ですので、余裕があれば(笑)