男は「床屋」「美容院」どちらで髪を切っているのだろう?

スポンサーリンク

今回は男性向けのお話です。

中には女性でも床屋(理容室)で切っているケースがあるかもしれませんが・・・。

昔は男性は床屋、女性は美容院で髪の毛を切るとはっきり住み分けされていました。

でも、平成になってからはおしゃれにこだわる男性は美容院で切ることが増えていきました。

今では美容院で男性がヘアカットしてる姿を見るのも珍しくなくなりました。

ところで、実際のところ男性ってどちらで髪の毛を切っているのでしょうか?

最近では「ヘアサロン」など様々な呼ばれ方がされていますが、今回は区別するために理容については「床屋」、美容については「美容院」で統一します。

 

スポンサーリンク

男性は「床屋」「美容院」どちらでヘアカットしているのか?

まず、世の男性は「床屋」「美容室」どちらでヘアカットをしているのでしょうか?

それについて調査した、とあるアンケート結果によると次の通りです。

<Q. どこでヘアカットしていますか?>

  • 男性20〜29歳 : 36.4%
  • 男性30〜39歳 : 50.0%
  • 男性40〜49歳 : 70.5%

 

<Q. なぜそこでヘアカットするのですか?>

【床屋】

  • 1000円均一で安いから(東京都:46歳)
  • 幼少期から同じところだから(埼玉県:49歳)
  • 値段が安く、コスパ面で優れるから(広島県:28歳)
  • 安い(千葉県:40歳)
  • しゃべりかけてこないから(福井県:40歳)
  • 近所だから(北海道:39歳)

 

【美容室】

  • おしゃれにカットしてくれるから(東京都:35歳)
  • かっこよく仕上げてくれるから(埼玉県:39歳)
  • 流行り(大阪府:31歳)
  • 妻が行っているから(千葉県:36歳)
  • 昔から行っているから(兵庫県:26歳)
  • 行き慣れているから(愛知県:26歳)
  • 腕が良いから(奈良県:31歳)

<Men’s HOLESのサイト「カットの頻度は? 行くのは美容院、それとも理髪店? 働く男性のヘアカットトレンド」より引用>

だいたい予想通りですね。

20~40代のデータになりますが、やはり年代上がるごとに床屋の比率が高いですね。

おそらく50代60代はもっと高くなるのでしょうね。

理由については様々な意見がありますが、これもなんとなく想像つきますね。

ただ、美容室の理由がちょっと曖昧な気もしますが。

 

私は断然「床屋派」!その理由は?

ところで私(男性、40代)はどこで髪を切っているかというと「床屋」です。

理由はただ1つ、顔そりなどの剃刀があるからです。

眉毛やヒゲの処理は自分でもできるのですが、襟足や耳周りなど手が届かず見えないところを剃刀でキレイにしてもらうと気持ちいいのです。

もちろん、顔そりも自分で剃る時よりも仕上がりが違います。

過去に試しに2~3度試しに美容院で切ってもらったことがありますが、正直、切った後の仕上がりの違いはほとんどありませんでした。

(もともと短く切ってもらうので、あまり変化がないというのもあるのですが・・・。)

 

最近は男性客も増えたとはいえ、やはり店内は圧倒的に女性が多く、なんか居心地悪いので馴染むことはできませんでした。

でも、それ以上に顔そりがないというのは自分にとってはサッパリ感がなくダメでした。

結局のところ床屋に落ち着いています。

ちなみに床屋ってダサいイメージがあるように思われるのですが、探せば結構オシャレなところも多いです。

スポンサーリンク

 

「床屋」と「美容院」の違いについて

以上のように、私の場合は髪の毛は床屋でカットしてもらっております。

ところで床屋の「理容師」と美容院の「美容師」には違いはあるのでしょうか?

なんとなく知っているのは剃刀が扱えるかどうかぐらいしか認識がありません。

もう少し掘り下げて調べてみると、次のような違いがあることがわかりました。

  • 理容師と美容師は「理容師法」「美容師法」という法律で区別されている
  • 理容師は剃刀を使えるが美容師は使えない
  • パーマはもともと美容師だけしかできなかったが、最近は区別なく行うことができる
  • 美容師も「化粧に付随した担い程度」の顔そりはしても良い
  • ただ、美容学校で顔そりはカリキュラムにないことが多く、できない美容師が多い
  • 床屋と美容室は一つの店舗を共用して同時に営業することはできない

 

やはり法律で明確に区別されているのですね。

個人的には床屋と美容室のいいとこ取りをした統合サロンができれば便利なのにと思っていたのですが、今の法律ではできないのです。

これだとやはり不便ですね。

今後どうせ労働力不足は避けられないので、理容・美容を統合したサロンが開設できるよう、何かのタイミングで法律を改正して欲しいものです。

 

結局は、今のところは用途によって「床屋」と「美容室」を使い分けるしかないのですね。

まあ、男性は歳をとると髪の毛にこだわりたくても出来ないかもしれないので床屋一択になってしまうかもしれませんね・・・。

 

余談ですが、床屋は予約なしでも気軽に入れるところがいいところだと思っていたのですが、最近は店によっては予約が必要なことがあります。

私が行っている所も予約が必要です。

電話でしてもいいのですが、夜遅い時間に思い立つことがあったりすると困りますね。

最近はネットで予約できる床屋・美容室も増えつつあります。

便利なのが「ホットペッパービューティー」を通しての予約です。

わざわざ電話する必要もなく、24時間受付なので思い立ったらすぐに予約できます。

またポイントも付与されるので、貯まれば割引に使えます。

お店側も忙しく電話に出るもの大変ですし、双方にとって便利なサービスですね。

 

ホットペッパービューティーは全国をカバーしており、床屋もたくさんあります。

もしかすると近いところにオシャレなお店が見つかるかもしれませんね。

CHECK!>>  ヘアサロン予約なら「ホットペッパービューティー」

 

文化・社会
スポンサーリンク



月光ネットショッピング
タイトルとURLをコピーしました