ワキガだと化学繊維の服を着れなくて困っている理由を知って愕然

最近、自分のワキ臭で困っていることがあり、もしかしたらワキガになったのかと心配になり、色々調べていたら、ちょっと気になる物を見つけました。

 

こちらは長年ワキガに悩んでいたある女性のコメントです。

ワキガの悩みが解消されて嬉しそうな笑顔が印象的ですが、それ以上に気になったのが次のコメントです。

 

「ノースリーブや化学繊維の洋服を着てオシャレしてます」

 

ノースリーブはわかります。

でも化学繊維の服って何でしょう?

ワキガだと化学繊維(ポリエステルなど)はNGなのでしょうか?

今までそんな事を気にしていなかったのですが、何か問題があるのでしょうか?

CHECK!>> 夜まで続くキープ力!全額返金保証付/アロマティックB

 

ワキガだと化学繊維(ポリエステル)の服を着られない理由とは?

なぜワキガだと化学繊維の服を着られないのか?

調べてみると、化学繊維は臭いがつきやすく、なかなか取れにくいということがわかりました。

その理由などを調べていくと、色々なことがわかりました。

  • ポリエステルなどの化学繊維は表面がツルツルしている
  • そのため水分を吸い込まず吸水性が低い
  • さらに脂質・タンパク質・ワキガ菌など臭いの成分も表面に残る
  • 繊維表面に菌が大量に付着し、分解も活発になるため更に臭いが強くなる
  • 逆に綿やウールは吸収するので蒸れにくく菌も活発にならない

 

しかも化学繊維に付着した脂質やタンパク質、ワキガ菌などは洗濯しても落ちにくく、再び身につけるとすぐに臭いが発生してしまうのです。

そのためワキガだと、どうしても臭いを少しでも抑えるためポリエステルなどの化学繊維の素材を着るのを避けてしまうのです。

 

ワキガを気にせず化学繊維の服を着るためには

ワキガになってしまうと、臭いを気にするだけではなく、服の素材までも制約されてしまうのはショックですね。

ワキガを抱えてしますと、想像以上に心身ともに疲弊してしまいます。

 

ワキガを根本的に解消する方法は手術してワキガの元となるアポクリン腺を除去するしかありません。

しかし、手術をしてしまうと傷が残ってしまうので、どうしても踏み切れない場合も。

特に未成年である中高生にとっては将来のことも考えると悩んでしまいます。

 

手術をしない場合は、デオドラントやクリーム、専用に石鹸などで臭いを抑えるしかありません。

ただ、今までにも様々な物を試しても、満足する効果が得られなかったというのがほとんどです。

そんな中、注目されているのが長時間臭いをおさえてくれ、ほのかなローズの香りがする「アロマティックB」!

先ほどの女性もアロマティックBを使い始めてから、ワキガの悩みが徐々に解消されていったのだとか。

 

今まで様々なクリームなどを試しても大した効果がなかったのに・・・。

一体アロマティックBは何が違うのでしょうか?

その秘密は、以下のリンクをクリック!

CHECK!>> 「アロマティックB」詳細はこちら!

タイトルとURLをコピーしました