テレ朝の玉川徹が降板しないと不服なら出演番組を見なければいい!

スポンサーリンク

安倍元首相の国葬で、友人代表として菅前首相が読んだ弔辞が電通が絡んでいると発言したことで謹慎処分となっていたテレビ朝日の玉川徹。

一部ではこのまま降板するのではとメディアで報じられておりましたが、結局復帰しました。

今後はコメンテーターではなく現場で動くとのことですが、どのような形でも玉川氏が復帰したことに賛否両論起きています。

特に反対派はテレビに出ていることが気に食わないと噛みつき、しつこく降板を声高に叫んでいます。

でも、そんなに降板させたいのであれば、文句を言わず黙って出演している番組を見なければいいだけです。

スポンサーリンク

テレビ朝日の玉川徹が「羽鳥慎一モーニングショー」に復帰で炎上?

結局、この件でクレームや苦情を言っているのは、番組(特にワイドショー好きな層)を普段から見ている視聴者だけなんですよね。

番組はおろか、テレビすら滅多に見ない人々からしたら、玉川徹が番組を止めようが関係ない話です。

結局、今回の玉川氏の発言であーだこーだ言っているのは、羽鳥慎一モーニングショーをよく見る視聴者か、テレビやネットニュースの影響を鵜呑みにしている人ではないでしょうか。

よくネットニュースで玉川氏が番組で大胆な発言をしてことを切り取って話題になりますが、だからと言って何か変わるわけではありません。

テレビ番組の1コメンテーターが発言したことに、いちいち反応して喜怒哀楽を感じていたら疲れるだけです。

どうしても玉川徹が気に食わなければ番組を見なければいいだけのこと

仮に玉川氏を降板させろとか、逆にやめさせるななど、さまざまな意見を色々な方法で声を上げています。

SNSだったり、ネット掲示板であったり、場合によってはテレビ朝日に直接メールや電話などをしているケースもあるでしょう。

果たして要望やクレームをテレビ朝日などテレビ局に入れて、変わるのでしょうか。

どうせ上層部など少数派意見などと言って無視するのではないでしょうか。

 

色々な方法で声を上げて、自分の正義を伝えたいのはよくわかりますが、希望通りに行かなかった場合の喪失感は大きいです。

もし、どうしても文句を言いたい場合は、どうせ見ていないだろうくらいの気持ちでSNSなどで吐き出せばいいのではないでしょうか。

(たまにバズってトレンド入りすることもありますけど)

 

本気で玉川を降板させたい、あるいは元どおりコメンテーターに戻ってほしいと思うのでしたら、番組を見るか見ないかすればいいだけです。

気に入らなければ、どこぞの国の不買運動ではないですが、実力行使をすればいいだけです。

そうすれば視聴率も下がり、番組自体が終了することもあります。

 

現在でも視聴率を出す方法というのが信憑性がないので疑問ではありますが、少なくとも、もうこんな番組見たくないと宣言するだけでも変わるかも。

そのほうがテレビ局にとってはダメージが大きいはず。

テレビなんて炎上して批判されようが、数字(視聴率)さえ良ければ何でもありなので。