Travis Japan”JUST DANCE!”のリミックスがカッコいい!オススメは”Yaffle Remix”

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所で滝沢秀明が副社長を辞任し、さらにはキンプリ(King&Prince)から3人が脱退するという事態になり、大きく揺れております。

そんな中、10月の終わりにじっくりと力を蓄えてきたTravis Japanが待望の世界デビューを果たしました。

デビュー曲「JUST DANCE!」、曲もMV(ミュージックビデオ)の完成度は高く、これから世界で勝負するという意欲が伝わってきます。

そして「JUST DANCE!」のリミックス版2タイプが同時にリリース!

tofubeatsとYaffleという実力派がアレンジしたバージョンがまたかっこいい!

スポンサーリンク

Travis Japan”JUST DANCE!”のtofubeatsとYaffleのリミックスがかっこいい!

こちらはオリジナルの「JUST DANCE!」MVです。

全編英語詞で欧米のマーケットを意識したものとなっております。

 

そして、オリジナルのほかにリミックスバージョンもリリースされております。

まずはYaffleバージョン。

オリジナルとは印象が変わりますが、疾走感があっていい!

ダンスする時のテンポではないですが、クラブとかで流したらテンションが上がりそうです。

 

こちらはtofubeatsバージョンです。

オリジナルの良さをの残した感じですが、これも良いですね。

こちらのバージョンで実際にパフォーマンスをしても面白そうです。

 

「JUST DANCE!」は曲の完成度が高いので、さらにヒットしたら新しいリミックスを作っても面白そう。

日本のクリエーターはもちろん、海外のミュージシャンが手を加えたらどうなるかも面白そうです。

Travis Japanの幸先良いスタートをジャニーズの内輪揉めで潰されないように

Travis Japanはジャニーズの中でも下積みが長かったのですが、最初から世界進出を視野に入れてダンスをはじめとしたパフォーマンスに力を入れてきました。

そしてコンテストの参加などで力をつけ、ようやく世界デビューを果たしました。

 

ところがリリースした途端、滝沢秀明の副社長辞任、そしてキンプリの分裂と内部騒動が勃発しました。

おそらくマネージメント体制は分けているのでTravis Japanへ直接何か及ぶことはないかもしれませんが、ジャニーズの負のイメージがついてしまうのは避けられません。

彼らは本格的にパフォーマンスで勝負するグループなので、いっそのことジャニーズから離れて、独立した事務所に所属した方がよさそうです。

世界で活動するのであれば、別にジャニーズ忖度もないですし。

下手するとSnowManやSixTONESもジャニーズから独立してやっていった方がよさそうな気がします。

とにかくTravis Japanがジャニーズ事務所のお家騒動のせいで潰されないことを祈るばかりです。