長瀬智也がTOKIO脱退をした理由はやはり音楽の方向性なのか?

スポンサーリンク

以前、「TOKIOの長瀬智也のジャニーズ退所の噂は一体どこまでが真実なのだろう」と言う記事で触れたことがあったのですが、まさかこんなに早くそうなるとは思いもしませんでした。

長瀬智也さんが2021年の3月でジャニーズ事務所を退所、それと同時にTOKIOも脱退することになりました。

色々あったのでしょうけど20年以上も続けてきたグループを脱退すると言うのは、相当悩んだ上で出した結論であることは間違いありません。

結局、長瀬さんがTOKIOを脱退しジャニーズ事務所を退所する理由とは何なのでしょう?

 

スポンサーリンク

長瀬智也がTOKIO脱退とジャニーズ事務所退所を決めた理由とは

最初は文春のスクープとして報道されましたが、その後正式にジャニーズ事務所から公式のリリースが発表されました。

 

正式コメントの中には、長瀬さんの脱退理由については書かれておらず、本当の理由は長瀬さんにしか分かりません。

ただ、今までの長瀬さんとTOKIOの活動を見てきて言えることは、

  • 長瀬さんはメンバーの中でも音楽志向が強かった
  • 基本的にはバンドでライブを中心に活動したい
  • 山口達也の脱退で音楽活動が思うようにできなくなった
  • 今の状態では自分が思うような音楽活動はできないので脱退を決意

と考えるのが自然でしょう。

 

メンバーの不仲云々については、20年以上も一緒にやってきたので、いいところも悪いところもわかっているので、つまらない理由でやめることはないはずです。

今ではTOKIOのメンバーが個々で仕事することも多いですし、年齢的にも新しいチャレンジをするにはいいタイミングだったのかもしれません。

あとは、2019年にジャニー喜多川氏が亡くなったことも理由の1つとしてはあるのかもしれません。

 

いずれにしても山口達也のように不祥事を起こしたとか、手越祐也のように事務所とケンカ別れしたのではないことは分かりました。

円満かどうかは分かりませんが、お互いに納得の上での結論ということで間違いないでしょう。

スポンサーリンク

 

長瀬智也は退所後は事務所に属さず裏方で何をするのだろう

1つ引っかかるのが、もし長瀬がTOKIOを離れた音楽活動をメインにやりたいと言うのであれば、ジャニーズに残って活動するということもできたかもしれません。

TOKIOは事務所の功労者ですし、ある程度その辺は融通がしてくれそうな気はします。

それでもあえてジャニーズ事務所を退所して独立するのは、それなりの理由と覚悟があるのでしょう。

 

公式には事務所に属さず裏方として新しい仕事の形を創り上げると記載していました。

これは表現者としてステージで歌ったり演奏することからは身を引いて、プロデューサー的なことをやりたいのでしょうか。

長年の活動の中でフロントに立つことよりも、裏で音楽を創り上げることに興味が湧いてきたのかもしれません。

 

ジャニーズ事務所退所後は表舞台に姿を表すことは滅多になくなりそうですね。

スポンサーリンク

 

長瀬智也退所までにTOKIOのコンサートは開催できるか

長瀬智也さんのTOKIO脱退が正式に決定しましたが、実際に出ていくまでには、まだ時間があります。

残りの期間はどうするのかが気になります。

 

まずは鉄腕DASHなどでやり残したことにケリをつけて、綺麗にするのでしょう。

そして、あとはTOKIOとして最後のコンサート(ライブ)を開催し、ファンに直接感謝を伝えるということはありえそうですね。

もしかするとTOKIO単独というのは難しいかもしれませんが。年末年始のカウントダウンコンサートなどでメンバーが集まってパフォーマンスはやってくれそうですね。

あとは紅白歌合戦に出演というのも可能性ありですね。

 

長瀬智也さんがTOKIOを脱退するまでの期間、目を離せません。