小倉智昭「とくダネ」終了で芸能界引退を決意か?|気になる体調問題

スポンサーリンク

フジテレビ系のワイドショーは2020年の10月から翌年(2021年)の3月にかけた、大きく改革が行われるようです。

午後に放送されている「直撃LIVE グッディ!」が打ち切りになるとスクープ。

そして今度は朝の番組「とくダネ」も2021年3月で打ち切りという情報が流れてきました。

これはやはり司会である小倉智昭が何かしら関わっているようです。

 

スポンサーリンク

フジテレビ系「とくダネ」が打ち切りの背景は

とうとうフジテレビは「とくダネ」も打ち切りのターゲットにしたようです。

最近は新型コロナウイルスの影響で広告収入が減りました、製作費も削減せざるを得ない状況になっています。

製作費で一番比率が大きいのは出演者のギャラ、特にキャリアの長い小倉さんの取り分は大きいのは明らかです。

 

小倉智昭さん自身は、東京オリンピックが終了するまでは番組を続けたかったようですが、フジテレビが大変ならば仕方ないと降板する決意をしたようです。

これが文春でスクープした内容です。

スポンサーリンク

 

「とくダネ」終了の本当の理由は小倉智昭の健康問題か

しかし、とくダネの終了の理由がギャラだけの問題なのでしょうか。

小倉さんはギャラが下がっても東京オリンピックまでは続けたいと、冗談かウソかは分かりませんが、続ける意欲は見せていました。

 

それが新型コロナの影響で製作費が少ないというだけで降板というのは疑問です。

小倉さんのギャラを少し下げれば良いのと、ゲストの数を減らすことだって可能です。

専門家や有識者の意見やコメントが欲しければ電話にすれば費用を削れます。

出演者もフジテレビのアナウンサー(社員)にすればいいだけです。

 

実はギャラの問題は表向きで本当の理由は別のところにあるのではないでしょうか。

あくまでも推測ではありますが、

 

  • 小倉智昭自身の健康問題
  • 過去の数々の暴言等での悪評判

 

小倉は2016年に膀胱がんが見つかり手術、その後2018年にも再手術をし膀胱を全摘出しています。

現在は健康なように見えますが、もしかすると体調が万全ではないのかもしれません。

その辺を考慮して2021年3月で一区切りをつけて、芸能活動を大きく減らすか、思い切って引退するのかもしれません。

小倉も2020年で73歳、そろそろ隠居も考えてもおかしくありません。

 

あとは過去にも暴言等で数々の問題を起こしている小倉。

徐々に小倉、そして番組の評判も徐々に低下しており、フジテレビの上層部もそろそろ潮時と判断したのか。

小倉には表立ってそんなこと言えないので、製作費云々など適当に理由を述べて納得させたのかもしれません。

(が、小倉もその辺の空気は読めそうなので、引き際を考えているかも)

スポンサーリンク

 

フジテレビのワイドショーは全て坂上忍に丸投げするつもりか?

以上、とくダネ打ち切りと小倉智昭の進退について取り上げました。

現時点ではフジテレビ側から正式に「とくダネ」および「直撃LIVE グッディ!」が終了するというリリースはされておりません。

ここまで話が広がれば本当だと信じてしまいそうですが、過去に「バイキング」打ち切りかと言われて外れたこともあるので、まだ油断できません。

 

本来なら「バイキング」こそ製作費がかかっており、真っ先に打ち切りの候補に上がりそうなのですが、逆に延命しようとしているくらいです。

MCの坂上が今更改心してスタイルを変えるとも思えませんが、どのように番組をテコ入れするのか、ある意味楽しみです。

 

もし、「とくダネ」と「直撃LIVE グッディ!」が本当に打ち切りになったら、フジテレビはバイキング1本で勝負するつもりなのでしょうか。

これは坂上忍にとっては、かなりのプレッシャーになるはず。

どこまで今のような強気の姿勢を続けられるか?

それとも耐えられなくて自分から降りるか?

続報が気になります。