パパ活議員吉川赳が逆ギレして名誉毀損で訴える?見苦しいにも程がある

未成年女性に飲酒をさせ、ホテルに連れ込んだことを週刊誌にスクープされた国会議員吉川赳。

報道が出た後は雲隠れし、会見も開かずブログでコメントをすると言ったまま動きがありません。

その後、なんと名誉毀損で週刊誌の出版社と相手の女性を相手に損害賠償を請求するというニュースが!

未成年飲酒などが本当か嘘かは置いといて、ここまで自己保身に走るのは、国会議員としてどうなのかと、さらに批判を浴びるのは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

吉川赳が名誉毀損で文春を訴える動きが

もう、ここまで来ると、釈明(言い訳も)も見苦しくなりますね。

そこまでして自分を守りたいのでしょうか。

 

「パパ活」が報道されてからは、雲隠れをし、会見も開かず、さらに国会議員のボーナスももらう。

それで自分は間違っていないと裁判を起こそうとしている。

世間には、ぼほ味方がいないのに、まだ自分は国会議員として活動できると思っているのでしょうか。

あまりにも見苦しく、唖然としてしまいました。

自民党からも地元後援会からも見捨てられた吉川赳はどこに逃げるのか?

パパ活がスクープされてから、所属していた自民党からは除名され、さらに地元後援会からも批判を浴び、もう誰も味方がいないと思われる吉川赳。

こんな状態になっても国会議員を辞職せず、さらに文春や相手の女性を訴えるという行動は、政治家というより人としての資質にも疑問を感じずにはいられません。

 

でも、こうまでして議員の椅子にしがみつこうとしているのは、裏で何か入れ知恵をしている輩がいるのかもしれません。

こういう議員が好きなのは立花孝志率いるNHK党くらいか?

(山本太郎のれいわ新選組はそういうところは真面目なので、多分吉川を許せないはず)

もしかすると立花が裏で吉川に声をかけて、NHK党に引き込もうとしているのかもしれません。

NHK党としては、とにかく議員を増やして少しでも勢力を大きくしたいはず。

世間から総スカンされている吉川なんて良いターゲットです。

 

多分、吉川が国会議員に執着し、自己保身をしているのは、裏でそういう話があったと考えてもおかしくありません。

自民党から見捨てられ、地元後援会からも批判され、孤立した状態で、救いの手(悪魔の囁き)があれば、たとえNHK党でもコロッと気持ちが傾いてもおかしくありません。

 

ともあれ、世間は吉川を許していないので、いつまでも裏でコソコソせず表に出てきて自らの口で会見をするべきでしょう。

なにしろ吉川の報酬は税金で賄われているのですから。