すき家も牛丼を400円に値上げ!予想に反して世間では批判はほとんどなし

スポンサーリンク

2021年の終わりごろになり、原材料費などの高騰で牛丼チェーン店が相次いて値上げを発表しました。

吉野家が並盛426円(税込)、松屋が380円(税込)になり、安く食べられて喜んでいた消費者にとっては大打撃です。

そして、唯一値上げを発表していなかった大手の一角すき家もとうとう値上げをすることになりました。

世間からは批判の声が上がると思いきや、意外と好意的な意見が多く、すんなり受け入れられそうです。

スポンサーリンク

すき家も牛丼を50円値上げし400円に

民間企業のことをあまり取り上げないNHKですら、すき家が牛丼を値上げえすることを報道するくらいなので、それだけ生活に密着しているということでしょう。

今まで350円だった牛丼の並盛が50円値上げされ400円(税込)になります。

12月23日午前9時から値上げを実施するということなので、発表から比較的早く始まることになります。

 

これで並盛りが一番安いのが松屋の380円ということになります。

それでもこれだけの価格で食べられるというのは、かなり安い部類に入ります。

すき家の牛丼値上がりに対し世間からの批判はほとんどなし

一般的にものが値上げされると世間からは批判されることが多いです。

特に日本は1990年代のバブル崩壊から景気は悪く、給料も上がらない状況がこれだけ長く続くと、どうしても安いものを買い求めてしまいます。

ずっと安く食べられていた牛丼が値上げして、さぞ批判が殺到すると思われましたが、意外とすんなり受け入れられそうです。

中には当然、残念だとかふざけるなという批判もありました。

高校生の客も減るよとかいう人もいますが、逆にうるさくて邪魔だから落ち着いて食べることができて良いかもしれません。

学生はマクドナルドなどハンバーガーショップでわいわいやってくれていればいいです。

 

牛丼の値上げは痛いですが、これも世の流れなのですかね。

どうせなら給料も上がって欲しいですが、しばらくは期待できそうもありません。