イカゲームの原題は韓国語ではどう訳されるのか調べたら意外な事実が

Netflixで「イカゲーム」がすごくヒットしているようです。

韓国ドラマなのですが、いわゆる恋愛ものではなく、バイオレンスを含むエンタメものです。

一部では日本の「カイジ」や「神様の言うとおり」「今際の国のアリス」と似てると言われており、パクリではないのかとも声も上がる徒歩です。

製作したファン・ドンヒョク監督によると、日本やアメリカのいわゆるデスゲーム系作品を参考にしたと公言しておりますが、パクリというよりはオマージュというのが正解でしょう。

ところで、この作品、なんといっても「イカゲーム」というタイトルがとてもインパクトがあります。

作品の内容からすると、なんとなく間の抜けた名前ですが、これって原題の韓国語でも本当に「イカゲーム」なのでしょうか?

あるいは日本語で当てはまるものがなかったので適当につけたということはないのでしょうか。

スポンサーリンク

イカゲームの原題は韓国語をそのまま直訳したのだろうか

この予告編動画を見るだけでも、すごく興味を引かれる作品ですね。

これはヒットする理由もわかるような気がします。

 

さて、このイカゲームなのですが、原題の韓国語でもそのまま「イカゲーム」なのでしょうか?

調べてみたら次の通りになりました。

日本語題名イカゲーム
原題(韓国語)오징어 게임(ojing-eo geim)
英語Squid Game

 

原題は「오징어 게임(ojing-eo geim)」で「오징어(ojing-eo)」が日本語で「イカ」という意味になります。

つまり本当にそのまま直訳して「イカゲーム」なのです。

 

そもそも「イカゲーム」と何なのか?

実は韓国で80年代ごろにブームになった子供の遊びだそうです。

簡単にいうというと陣取りゲームのようなものなのですが、陣地の形がイカに似ていることから、そう呼ばれるようになったそうです。

実際にはこんなゲームのようです。

スポンサーリンク

イカゲームはBTSみたいに世界を席巻させてしまうのか

イカゲームがじわじわと日本でもヒットしております。

この調子だとBTSのように世界を騒がせることになるかもしれません。

もう少ししたら、日本でもバラエティ番組でバロディなど行われるかもしれませんね。

そして年末はNetflixでイカゲームを見て過ごすことになりそうです。