歌手の優里がタトゥーを入れるYouTube動画を公開!PVを稼ぐのに必死なのか?

スポンサーリンク

「ドライフラワー」のヒットで一躍人気シンガーソングライターとなった優里。

その後もいくつか曲を出して、それなりにヒットしているものの、ドライフラワーほどのインパクトは得られておりません。

歌手としての活動のほかに、自らのYouTubeチャンネルを開設しておりますが、今回は自らの腕にタトゥーを入れる動画を公開して話題になっております。

タトゥーに関しては日本ではまだまだ賛否色々ありますね。

スポンサーリンク

優里がタトゥーを入れるYouTube動画が話題に

コアなファンの間では知られていたかもしれませんが、それ以外の人からみると、まさかタトゥーを入れているとは思わなかったとショックを受けているかもしれません。

「ドライフラワー」のような綺麗なラブソングを歌う優男が、そういう人だったとは。

 

しかし、過去に週刊誌で二股三股かけるようなチャラ男でプレイボーイだったことを知っていれば、やっぱりそうなんだと納得してしまう人もいるでしょう。

ステージに立っている時と普段の姿が違うなんてことは、別に珍しくないですので。

 

最近はミュージシャンを始め、スポーツ選手でもタトゥーを入れているのは珍しくなくなりましたが、日本ではまだまだ「刺青=反社会的」というイメージが根強いため、抵抗ある人は多いのではないでしょうか。

タトゥーを入れるYouTube動画を公開してPV稼ぎしたいのか?

優里本人は自らのTwitterで実際にタトゥーを入れている画像をつけて投稿しております。

動画公開しましたというような宣伝はないですが、リンクをつけているので明らかに見てねというのは伝わってきます。

 

タトゥーを入れる入れないについては本人の嗜好なので特に何もありませんが、本業以外の部分でこういうのを公開するというのはどうなのかなと気になりました。

タトゥーを入れるシーンというのはR指定される可能性もあるわけですし、子供のファンが見たらどう思うのかなと。

それに、本来は自分の曲のMVや歌っているシーンの動画に力を入れればいいのにと感じてしまいます。

まあ、プライベートな部分を公開し親近感を出すというのもありですが、タトゥーを入れているのを見たいかというと微妙です。

そこまでしてPVを稼がないと苦しのでしょうかね。

 

タトゥーは一度入れると消すのが大変なので、シールに留めておけばいいのにと、つい余計な心配をしてしまいます。