マリエ騒動に島田紳助が参戦か?「2人で酒を飲んだことも誘ったことない」

マリエの突然の枕営業の告発に大揺れに揺れ、収まる様子はありません。

枕を肯定した出川哲朗は仕事が0の状態に追い込まれたと報道され、少なからず影響が出てしまっている状況です。

そして、今回の主犯とも言える島田紳助、すでに芸能界から身を引いて10年近く経っておりますが、何か反応があるのかが気になるところ。

そんな中、紳助本人が枕営業について全面否定してるという情報が出ております。

スポンサーリンク

マリエの枕営業について島田紳助が全面否定している模様

今回、島田紳助の話が出てきたのがこちらの記事。

マリエや島田紳助が主役ではないのですが、記事内でこんなコメントが出ておりました。

テレビ局関係者が語る。
「紳助さんは関係者に『2人で酒を飲んだこともないし、電話番号すら知らん。誘ったことなんてない』と完全否定しているようです。マリエさんが名前を出したお笑い芸人、やるせなすの中村豪さん(46才)は、紳助さんがMCだった『世界バリバリ☆バリュー』(TBS系)の打ち上げで会ったことは認め、さらに『確かにその日、ソファ席で下ネタを話したし、席にマリエさんがいたことも覚えている』と話している。一方で、『マリエさんに向けて枕営業の話をしていた事実はない』と、やはり否定しています」

NEWSポストセブンのサイトより引用>

この記事も、よくある「関係者」とついたコメントなので、どこまで本当なのかはわかりません。

2人だけで食事などをしたことはないと言っており、複数人で席を囲んだことはあるようです。

もしかすると、紳助からしたらちょっとした冗談のつもりで言ったつもりが、当時10代のマリエが本気で信じてしまい、トラウマになっていることは十分考えられます。

出川哲朗もその場の勢いで「やっちゃいなよ」とか言いそうですし。

あの大きい声は印象に残るので、マリエからしたら出川に対しても相当な恨みを持っているのかもしれません。

 

紳助側も素直に認めるわけなどなく、こういうふうに否定するのも、なんとなく予想できる話です。

島田紳助は芸能界から引退している立場なので、公式なコメントを出すにしても、どうするのでしょう。

スポンサーリンク

マリエと紳助はお互い弁護士を立てて話をつけるしかなさそう

今回の件、島田紳助や出川哲朗側はそんな事実はないと否定しております。

それに対してマリエは再びインスタライブで私は嘘をついていないと改めて主張しております。

これに対し、マリエは本を出版する予定があるので、今になってこの話を掘り起こしたとなどと否定されてしまう事態になりました。

 

この状態だとマリエがいくら本当のことだとムキになってインスタライブなどで何度も主張しても、逆に立場が悪くなり逆効果になってしまう可能性もあります。

もし本気でこの話に決着をつけたいのであれば、弁護士を立てて民事裁判を起こすしかないでしょう。

当人同士がSNSなどで自分の主張を繰り返しても、すれ違いが起きるだけです。

ここはしっかりと正当なルートで法的にも効果があるやり方で行わないと解決しないような気がします。

もし、そこまでする気がないというのであれば、結局それだけの話でしかないのです。

本気で島田紳助や出川哲朗に謝罪を要求するのであれば、相手が相手ですから弁護士という第3者を立てるくらいやらないと有耶無耶になって終わってしまいます。

いずれにしても、この話は長期戦になりそうです。