セクシー女優という呼び方をメディアで使うようになったのはいつ頃からだろう

このところ、様々な話題を目にしていて、1つ気になっていることがあります。

それはアダルト系の女優のことを、いつの間にか「セクシー女優」と表記されるようになってることです。

いわゆるそういう作品に出演されている人のことは長年「AV女優」と呼ばれていましたが、一体何があったのでしょう?

スポンサーリンク

なぜアダルト系の出演者を「セクシー女優」と呼ぶようになったのか?

少し前にこんな記事が出ていたのですが、ここでも「セクシー女優」という表記が使われております。

週刊誌や写真誌などでは、今までは普通に「AV女優」と書いていたはずなのに、急にどうしたのでしょう・

AVという表記だとリアルすぎるので、表現を濁すようになっているのでしょうか。

最近は、いわゆる差別などに厳しい社会になっておりますので、さすがのSPA!でも時代の流れには逆らえなかったようです。

 

ところで「セクシー女優」という表現、いつ頃から言われるようになったのでしょう。

調べてみるも、はっきりしたことがどこにも出ていませんでした。

ただ、私も含め「セクシー女優」というワードをよく聞くようになったのは、この事件がきっかけではないでしょか。

2020年に発生した、タワーマンションに住んでいる女性が強盗に押し入られた事件、ワイドショーなどでもたくさん取り上げられました。

この時の被害者が里美ゆりあさん、実はAV女優だったのです。

 

おそらく、テレビ局も朝から「AV女優」などと直接口にするのはまずかったのでしょう。

そこでどのように表現するのか悩んだ結果「セクシー女優」というワードを思いついたのでしょう。

どのマスコミ社が使い始めたのかは今となっては謎ですが、これがちょうどよかったのか、各社がこぞって使い出し広まりました。

さらには週刊誌などのゴシップ系メディアも今では普通に使っております。

 

「AV女優」だと口にするの恥ずかしいですが、「セクシー女優」であれば抵抗も少ないです。

これはある意味画期的な発明だったかもしれません。

スポンサーリンク

アダルト系に男性は今でも「男優」のまま

アダルト系の女性出演者はAV女優からセクシー女優と表現が変わりました。

一方、男性の出演者は今でも「男優」のままです。

男優は文字そのまま「男性の俳優」という意味なので、変な意味もないので普通なのでしょう。

しかし、アダルト系でない一般的な作品に出ている男性については、男優とは呼ばず「俳優」と言われています。

普通なら男優の菅田将暉さんと紹介してもいいはずなのですが、そうは言われません。

 

やはり日本で「男優」というのは、アダルト系の作品に出ている男性の意味と捉えられます。

例えばこれを「セクシー男優」か「セクシー俳優」という呼び方に変えてると、余計違和感があります。

やはり男優は男優と呼ぶのが一番落ち着くのかもしれません。

 

時代と共に、アダルト系の表現も変わりつつあります。

AVという呼び方も「セクシー〇〇」と変わる日が来るかもしれません。