今のセルフレジでは人手不足解消やコスト削減は無理!せめてユニクロ方式に

スポンサーリンク

最近、様々な店でセルフレジが増えています。

スーパーでは一部の店舗で以前から導入されておりましたが、今では100円ショップやコンビニでも見かけるようになりました。

買い物客自ら商品の読み取りと支払いをしてもらうことで、従業員の負担を減らし、人件費など様々なコスト削減や効率化の狙いがあります。

ところがセルフレジを導入したところ、従業員の負担が増えトラブルも多くなっているようです。

スポンサーリンク

セルフレジ導入で楽になるどころか余計な手間が増えて店は大変!

先日、このような記事が出ており、確かにその通りだなと感じました。

  • セルフレジの操作がうまくいかないというトラブル多い
  • バーコードが読み取れない
  • お金が投入できない
  • トラブルのたびに従業員が呼び出され対応に追われる
  • そのため普通のレジ以上に人手がかかる
  • セルフレジは通常レジより導入費用が高い
  • セルフレジを管理できる従業員が少ない

 

実際にスーパーなどに行くと、セルフレジでは操作に手間取っている客が多いです。

私も何度か使ってみたことがありますが、操作方法がわかりにくく、余計に時間がかかってしまいます。

結局、少し並んででも通常のレジ(あるいは支払だけセルフ)で会計をした方がストレスなく買い物ができます。

 

特に高齢者などからしたら、セルフレジの操作は分かりにくく、その都度従業員を呼び出して対応してもらうのは仕方ないだろうなと感じます。

現状の仕組みでは、セルフレジでは今まで以上に人手もコストもかかるのは当然と言えるでしょう。

さらにセルフレジを管理できる従業員が少ないというのも問題ありで、倒れて休んだりされるとこういうことが起きてしまうのです。

これではセルフレジを導入した意味がありませんね・・・。

セルフレジはまとめて読み取るユニクロ方式でないと普及しないかも

現在のセルフレジは、1品ずつバーコードを読み取るのが主流です。

しかし、このバーコードを読み取るというのが慣れていないと難しいのです。

たまにレジの従業員が読み取りに苦労しているのを見かけるのがあるくらいですので、これを客が自らやるとなると、トラブルが増えるのは当然です。

さらに支払いも現金払いがまだまだ多く、お札が小銭が機械に入らないなど色々あるようです。

スーパーなどのセルフレジ方式では、まだまだコスト削減や人手不足を解消するのは厳しい状況です。

 

もし、セルフレジで効率化を図るなら、ユニクロで導入されているようなものを使うべきです。

ユニクロの場合は、レジのくぼみに商品をまとめて入れると、まとめて読み取ることができるようになっております。

あとはそのまま支払いすれば良いだけ。

これなら手間もかからず楽です。

 

スーパーなどは商品が多く、また買い物カゴを置いて中身を読み取るのが技術的に追いついていないのかもしれません。

(仮に出来たとしても、コストが異常に高い!)

ただ、技術は進化していますので、そのうちにそういうセルフレジがローコストで開発されるとは思います。

今のセルフレジは、お客側にとっては不便ですので、できれば使いたくないというのが大多数の意見かもしれません。