サンドウィッチマン伊達が安倍首相に文句言うなと擁護して炎上騒ぎに

スポンサーリンク

安倍首相の新型コロナウイルス対策が遅かったりあやふやだったりと賛否両論が出ており、中には安倍やめろと過激な主張をするケースも出ております。

日本はおろか世界中の一大事と言う時にそんなことをしている余裕はないのですが、政府の対応は不安ばかりなので、どうしても反対意見も出てしまうようです。

そんな中、お笑いタレントのサンドウィッチマンの伊達みきおさんが自分のブログで安倍首相に文句を行っている方に対して苦言に近いコメントを書いて大騒ぎになっております。

 

スポンサーリンク

サンドウィッチマン伊達みきおが安倍首相に文句を言う人々に書いた内容とは?

実際に伊達さんがブログに書いたのがこちらになります。

とうとう、緊急事態宣言が発令されました。
我々も、どんどん仕事が中止になっております。。
仕方ない、緊急事態なんだから。

(中略)

安倍総理大臣を含め、誰もが生まれて初めての『緊急事態宣言発令』…。

そりゃ、支援策や制度に対して言いたい事はあるかも知れないけど、あんまり文句ばっかり並べても今は特に仕方ない。
有事なんだから。

国民全員が納得する策なんて難しいし、きっと…ない。

文句が止まらない方は、落ち着いたら選挙に立候補して国会議員になって総理大臣になればいい。

家で、関連の番組見てると文句ばかりが目立つ。
今は、まず一致団結してコロナウイルスをやっつける事で同じ方向を見ないと乗り越えられないですからね。

<伊達みきおオフィシャルブログの記事「U字工事・卓郎のマスク」より一部抜粋>

伊達さん自身も仕事が止まってしまい、家にいたまま何もできない状態で、テレビをみて思うところがあったのでしょう。

確かに今は有事なので文句なんて言っている時ではないのですが、賛否両論が起き、ちょっとした炎上騒ぎになってしまいました。

スポンサーリンク

 

サンドウィッチマン伊達が安倍首相のことについて書いた件の反応は?

伊達さんがブログに書いたことはSNSなどでちょっとした騒ぎになりました。

結構否定的なコメントも多かったです。

半分ぐらいは安倍嫌いの感情的なものでしたが、中にば理路整然としっかり反論しているコメントもありました。

 

もちろん、伊達さんに対して絶賛の声も上がっております。

この件はなかなかどっちが良くてどっちが悪いと言うのは簡単に言えないですね。

スポンサーリンク

 

サンドウィッチマン伊達の言っていることは間違いではないけれど

結局、伊達さんが言いたかったことというのは、安倍首相など政府が発表している案に対して、ただただ文句ばかり垂れている人(テレビのコメンテーターや一部野党)をみてうんざりしたというのが真相でしょう。

もし政府の案が気になったり不安であったら、どういう風にして欲しいというのを声に出せばいいのです。

それをしないで不満たらたらなのですから、伊達さんじゃなくて口を言いたくなりますね。

つまり「総理大臣になればいい」というのは本気でそう思っているわけではなく、ただの皮肉です。

 

もしかすると、伊達さんも売れっ子ですのでお金に余裕があるからそんなこと言えるんだと思われているかもしれません。

それでも長年東日本大震災に対する寄付やチャリティーに積極的な活動をしているので、決して口だけというわけではありません。

新型コロナウイルスのせいで思うような生活ができないと、どうしてもイライラして攻撃的になってしまうこともありますが、今はとにかくこれ以上ウイルスが広がらないように自己防衛し、周りに感染させないような行動をするしかありません。