ラランド・サーヤがやらせを暴露!テレビ離れになるのは当然だと納得!

スポンサーリンク

今はYouTubeを始め、様々な動画コンテンツが溢れており、テレビ(特にバラエティ)離れが進んでいると言われております。

特にテレビは昔からやらせなどの問題があり、それに辟易した視聴者は素人でもリアルを楽しめるYouTubeやTikTokの方が面白く感じるのでしょう。

先日、ラランドのサーヤもテレビ収録の現場で起きているやらせについて暴露しており、これはテレビはつまらないなと納得しました。

スポンサーリンク

ラランド・サーヤが暴露したテレビのやらせとは?

今回は東スポの記事ですが、元ネタは東野幸治のYouTubeチャンネルで話されていたことなので、ガセではないと思われます。

この中でラランドのサーヤが語っていたことが、なかなか興味深い内容でした。

 

  • テレビの生報道バラエティ番組でクイズを出された時の出来事
  • 街ブラの映像を見て答えを当てる場面でディレクターからボケるよう懇願(強要)された
  • 映像は明らかに浅草なのにパリと答えてと指示
  • サーヤはそれを無視するとCM中にディレクターが来て念押しされる
  • それでもサーヤは別のボケをかまし無視すると、カンペで「パリ」と出される
  • 最終的に隣にいた相方のニシダに言わせる

 

この記事を読んで、ああよくありそうな話だなと納得しました。

聞き手の東野さんも過去にそういう事がいくつかあったと暴露してました。

テレビのバラエティがつまらないのは制作側が視聴者をバカにしているから

サーヤのやらせの話を聞いて、今でもテレビでそんなことしているのだなというのがバレてしまいました。

昔からテレビのスタッフが変なやらせをして大問題になったこともありましたが、懲りてないようです。

 

今回くらいのレベルであれば、大したやらせではないのでいいのですが、これってテレビの制作側が出演者や視聴者をバカにしている気がします。

ちょっとボケるくらいであれば、出演した芸人に任せればいいので、1からこうしろと指示したらイラっとすることでしょう。

どうもテレビの制作側の人間は、自分たちが作ったものが面白いと勘違いしているようです。

(しかもつまらない・・・)

そしてそれを視聴者に押し付けてる傲慢な態度が伝わり、何だか不愉快になります。

 

出演しているタレントや芸人は、それを我慢してギャラをもらっているため、よほどの大物でない限りは制作側の言いなりになるしかありません。

逆らったら次回使ってもらえなくなりますので。

 

こんなことだから、ほとんどのテレビ番組(特にバラエティとワイドショー)はつまらないし、視聴者離れが起きるのでしょう。

素人でもリアル感が伝わるYouTubeの方が面白いと感じるのはある意味当然なのかも。

有名人もそれに気づいたようで、やらせや忖度なしに好きなように発言でき、自分がやりたい事ができるYouTubeに力を入れ始めているのかもしれません。

 

今のままではテレビ離れは加速するのは間違いないでしょう!

テレビの制作側の古い体質がなくならない限り、衰退するだけです。