定年は80歳!ノジマが制度導入|生涯現役時代は当たり前になるのか

スポンサーリンク

現在の日本はなかなか不景気から抜け出せないとはいえ、少子高齢化時代に入り、働き手の不足が以前から指摘されています。

一昔前までは定年は60歳とか言われていましたが、今の60歳はある意味現役バリバリで元気です。

60はおろか、70歳をすぎても普通に働くのが当たり前の時代に入りつつあります。

そんな中、家電量販店のノジマが全社員対象に80歳まで働ける制度を導入して話題になっております。

 

スポンサーリンク

80歳まで当たり前のように働く時代突入?ノジマの改革

サービス業は人手不足ですから人を確保するのは大変です。

そのため、経験を持った社員をつなぎ止めるため、大胆な制度を取り入れました。

 

ノジマの定年は65歳だが、その後は1年契約の臨時従業員として雇用します。

つまり正社員ではなくなると言うことです。

勤務形態や給与は個別に話し合って決定されます。

 

この制度はメリット・デメリットどちらもあります。

デメリットは、正社員ではなくなるため、どうしても給与が減ってしまう可能性が高いこと。

あとは役職もなくなるので、平社員のような立場になります。

まあ、会社側も現役時代の給与を払うのはキツイので、ある意味仕方ないのかもしれません。

 

もちろんメリットもあります。

退職してもやることないから働きたいならば、今まで経験したことを生かせるので、転職する必要がありません。

あとは、やはりフルタイムで働くのはキツかったり、家族の介護等などあるので、働く時間帯を相談できると言うのは良いかもしれません。

 

今後は高齢者も増えますし、みんなで仕事を分担して行う「ワークシェアリング」のような感じで働くことができます。

スポンサーリンク

 

80歳雇用延長制度に対する世間の反応は

かつても70歳まで雇用するなどと言う企業はありましたが、80歳までと言うのは初めてです。

この話題について世間の反応はいろいろありました。

 

  • うちの会社も定年のばしたけど、やっぱり体が動かない、付いていかないという理由でその負担は他の若い社員にのしかかってますけどね。本当に定年を伸ばすだけが会社をよりよくできるかは疑問がありますね。
  • このご時世、会社員でも80歳まで働くか、従来通り年金を受給するかという選択肢が持てるのは良いことだと思う。ただし、労働者として毎月多額の年金を支払う身としては、年金受給の年齢が現状の65歳から、もし引き上げられるとしたら、シンプルに嫌だ。
  • 以前は自分も、退職してからは働けるなら働けば良いよねと思っていました。でもそれって60歳過ぎても働けるほど健康であることが前提なんですよね。
  • 新陳代謝の面で考えれば、これは悪手としか言えないだろう。知識のない新人を雇わず、既存の社員を延々と雇用するのは楽だ。でも、それだと次代に繋がる事は無くなる。穿った見方をすれば、既存の社員が尽きる頃に企業自体も廃れることを見越しているのかなと感じてしまうくらいだ。
  • おそらく賃金は現役時代の半分以下になるんだろうけどそれでも働きたいって人はいるだろうし、ノジマ側にとってはアルバイトより手堅い戦力且つ正社員より手軽に切れる雇用のクッション枠。まあお互いにとっての選択肢が増えるのはとりあえず良いことなんじゃないかな。

 

好意的な意見もありますが、やはり心配だなと言う声も多いです。

最も気になるのが、やはり健康問題。

そもそも80歳まで健康でいられるか、体が動くか。

そちらの方が気になるのでしょう。

 

あとは定年延長の流れが当たり前になり、社会全体がそのような動きになること。

早く定年を迎えて退職したい人にとっては嫌な流れだなと感じるようようです。

スポンサーリンク

 

80歳まで「働きたい」ではなく「働かないといけない」だとキツイ

80歳延長。

ずっと働きたいと言うのであれば、良い制度に聞こえるのですが、気になるのはこちら。

 

80歳まで自分の意思で働けるのは良いけど、80歳まで働かなくいけない状況なのは幸せなのか?

 

私自身も、80歳まで働けると言う話題が出た時に思い浮かんだのはこのことです。

もしかすると、退職しても年金が十分に支払われず、働かざるをえないと言う高齢者は今後も増えていくでしょう。

その場合は、体が思うように動かなくても働きに出かけなくてはいけません。

本来は国などでそう言う保障制度を作って欲しいのですが、全くもって期待できません。

 

もしかすると、今の若い世代は70を過ぎても働くのが当たり前の社会になるのを覚悟した方が良さそうです。