モバイルルーター接続のパソコンでradikoを聴くときの地域設定の謎

スポンサーリンク

今ではラジオを聴くときは、スマホ経由で聴くことが多くなっているのではないでしょうか。

また自宅にいるときはスマホではなくパソコン(PC)でradikoにアクセスしているというケースもあるかもしれません。

最近になって気になったのが、PC(パソコン)からradikoにアクセスすると、面白い現象が発生することです。

それはモバイルルーターを使ってネット接続をしているときに起こります。

スポンサーリンク

モバイルルーターでPCからradikoにつなぐと起こる不思議な事象

モバイルルーターを使ってPCからradikoに接続すると発生する現象とは?

それは、地方に在住しているにも関わらず、地域判定で「TOKYO」、つまり東京になることです。

モバイルルーターでなく自宅に光回線を引いていた時は、当然住んでいる地域(例えば北海道であれば”HOKKAIDO”となる)で判定されます。

ところが、ネット回線をモバイルルーターでアクセスすると東京になるのです。

 

おそらく、モバイルルーターの接続する中継基地のようなものが東京で設定されているので、そのように判定されたものと思います。

きっと日本全国どこにいても、モバイルルーター接続でPCからradikoを視聴しようとすると東京で判定される可能性が高いと思われます。

スマホはGPS機能があるためradikoでしっかり地域判定される

一方、スマートフォン(スマホ)の場合、こちらはしっかりと現在いる地域で判定されます。

携帯のキャリア接続でも、Wi-Fiでモバイルルーター経由でつないでも、どちらでも現在地となります。

これはスマホにはGPS機能があり、現在位置をしっかりと把握されるため、正確に判定されるものと思われます。

PCにもGPS機能がついているものもありますが、スマホやタブレットほどしっかりしたものではないようで、特にモバイルルーターなどでつないだ時は、現在位置の判定は曖昧になるのかもしれません。

 

もし、モバイルルーター経由でPCからradikoにつなぎ、地元局の放送を聴きたいときには不便です。

ただ、地方にいても関東圏の放送を聴いている人間にとっては、多少ラッキーかもしれません。

でも、全国の放送を聴くのであれば、やはりradikoプレミアムには加入するのが間違いありません。

月350円(税別)は結構良心的ではないでしょうか。

 

以上の通り、ネット接続の方法によって、特にパソコン(PC)からradikoにつなぐと、東京にいると判定されることがありますので、注意が必要です。

確実に地元局の放送を聴くのであれば、スマホかタブレットを使うのが良いです。