国会議員の先生方タバコが好きならいくらでも吸ってくださいませ

スポンサーリンク

日本でもだんだん公共の場所での禁煙が進み、喫煙所を見つけるのが大変になりました。

喫煙者にとては大変な社会ですが、お互いにクリーンな状態で過ごせると思えば良い傾向ではないでしょうか。

 

しかし、国を代表すると言って良い国会議員の先生方の一部で、どうやらそれを守られていない状況にあるようです。

 

スポンサーリンク

国会議員が議員会館の自室で喫煙する事態が続出

国会で決めた法律なのに、それを国会議員が守らないなんて国民から見たら、本当に腹立たしいですね。

一般市民は吸いたくても我慢しているのに、国会議員どもは議員会館の自室でふんぞりかえってプカプカふかしていたのですね。

 

全く開いた口が塞がりません。

 

スポンサーリンク

 

国会議員だけ健康増進法を守らないでふざけているという意見が続出

こんな行為は当然ならが、様々なところから反発の声が上がっております。

 

これだけ怒りの声が上がるのも当然といえば当然ですね。

 

スポンサーリンク

 

タバコを吸いたい国会議員はどんどん吸って肺を黒くしてください

健康増進法があるのに、国会議員だけ議員会館で堂々とタバコを吸っている。

考えてみたら腹立たしい話です。

でも、これで誰が議員としてふさわしいか、そうではないのかがハッキリしました。

 

今は世界的にいわゆるエリート層は喫煙などしないのが当然です。

日本でも民間のトップはそういう傾向にあります。

(一部の年配組はそうでないかもしれませんが)

 

でも、タバコをこのまま吸い続ければ体によくないことは明らかです。

吸っている国会議員の先生もそんなことはわかっているのでしょうけど、ニコチン中毒のせいで止められないのでしょう。

どうせなら、もう好きなだけ吸って、どんどんニコチンを体に溜めて、肺をどず黒くなってしまえばいいのです。

そうすれば、具合が悪くなって議員としての仕事ができなくなり、引退するしかありません。

 

仕事をしない国会議員を退場させるために、国会内は全ての場所で喫煙可能にしてどんどん吸わせればいいのです。

多少はタバコ税も入ってくるので財務省も喜ぶでしょうし。

 

なので、タバコを吸ってる国会議員はけしからんではなく、むしろ自由に好きなだけ吸ってくださいと推奨しましょう。

こうすれば、必要ない先生方はどんどん減りますから。

(その辺を分かっている国会議員は最初からタバコを吸わないでしょうし。)