「死亡」「死去」の違い|ニュースで報道されるときの使い分け方について

スポンサーリンク

ニュースで有名人の訃報が流れると、とても悲しいものです。

ここ最近はそういう話題が多く、心が塞ぎ込んでしまいます。

 

ところで、訃報が流れる際に「死去」「死亡」と内容によって使い分けられていいます。

特定の人物が病気等でなくなった際は「死去」が使われていますが、それ以外だと「死亡」と報道されます。

一体どのように使い分けているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

言葉としての「死亡」「死去」の違い

「死亡」「死去」とも人が亡くなることに変わりありません。

しかしニュース等ではこの言葉を区別して使っております。

どのような違いがあるのでしょう。

 

まずは「死去」と「死亡」の元々の意味から。

  • 死去
    「死んでこの世を去ること」という意味。「死」という字は「ひざまずく人の前に横たわる死体」を表し、「去」は「祈りで人のけがれを除去する」「さる(ある場所から離れる)」の意味を持つ。
    特定の個人の死に注目して使われる事が多い。
  • 死亡
    「人が死ぬこと」「人間が生命を失うこと」という意味。「亡」という字は「人の死体に何かの物を添えた」さまを表し「人がなくなる」を意味になる。
    事故や災害で亡くなった人に対して客観的に使われたり、単に「生」と対を成す概念として使われることが多い。

 

意味だけで分けると、死去は特定の個人を差して使われる、死亡は少し遠い目でながめる感じになります。

 

しかし、ニュース等では個人に対しても「死亡」を使う事がありますが、何か明確な区別をしているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

ニュースで伝える「死亡」「死去」の違い

新聞・テレビなどのニュースでは次のように使い分けております。

  • 死去:
    特定の人物の訃報を伝える場合。気持ちや感情を入れず事実として伝えるときに使う
  • 死亡:
    事故や事件で起こった現象、不特定多数の人や動物がなくなった場合に使う

 

以上のように区別されております。

特定の個人でも使い分けられる場合がありますが、

  • 病気などでなくなった場合は「死去」
  • 事故や自殺等の不慮の死では「死亡」

のように分けられています。

 

特に著名な人物が自殺した際には「死亡」が使われる事が多いです。

ただし、使い分けについては報道各社ごとに基準が異なるようで、事故や自殺でも死去を使われることもあります。

スポンサーリンク

 

有名人の場合事故等では「死亡」「死去」どちらも使われる

竹内結子さんの件でも、まだ公式は死因の発表がないものの、「死亡」「死去」をマスコミによって対応が分かれております。

分かってはいるものの「死亡」とつくと、何か突き放された感じがして、虚しさが伝わってきます。

 

それにしても、立て続けに起こる有名人の訃報。

三浦春馬さんや芦名星さん、藤木貴さんと芸能界では動揺が広がっています。

こういう時は心のケアが非常に重要、本来は俳優やタレントの組合でもあれば相互にサポートできるのでしょうが、日本にはありません。

そうなると、芸能事務所がきっちりとサポートしないと今後も連鎖が続くかもしれません。

特に大手の事務所がしっかりと発信して取り組むべきで、今後の対応が気になるところです。

 

合掌