NHKがテレビ設置義務化を建前に個人情報取得を目論んでるのか

スポンサーリンク

ドラマやドキュメンタリーなどいい番組はたくさんあるのですが、経営方針や受信料をとるための強引やり方に対しては批判を浴びることが多いNHK。

どうやら、まだまだお金が足りずなんとしても払わせようとするため、とんでもないことをしでかそうとしています。

しかもただ受信料が欲しいだけではなく、個人情報にまで手を付けようとしています。

 

スポンサーリンク

NHKのなりふり構わない受信料徴収がさらにエスカレート

このニュースを知ったとき、そんなことまでして国民からお金をせびり取ろうとするのかと唖然としました。

大抵の視聴者はちゃんと契約をして受信料を支払っているのに、とうとう個人情報にまで手をつけてしまおうとしています。

 

確かに払ってないのにNHKをタダで視聴されると不公平感が出るので、そうしたい気持ちはわからないでもありません。

しかし、NHKといえば調査員の強引な押しかけなど良いイメージがないので、こんなことをすると更に世間から批判を浴びるだけです。

スポンサーリンク

 

NHK職員の高い給料や無駄な経費削減など問題点も多い

受信料をなんとしても徴収しよとする執念はすごいのですが、その前にやることはたくさんあるだろうと大半の国民は思っているはずです。

特にNHKの幹部や管理職は給与が高いことで知られている、一般職もそれなりにもらっています。

こんな景気の悪い時に税金と受信料で潤ってると思うと反感が出ても当然です。

和田政宗氏ではありませんが、受信料をとるための労力を、もっと他のところに向けて欲しいものです。

スポンサーリンク

 

受信料を払ってないならスクランブルをかけてNHKを試聴できないようにすればいい

NHKの受信料は今でも色々と問題点が多いですね。

もうテレビを設置したかを調べるのに公的機関に調べるなんてアナログな方法を取らないで、受信料を払った世帯だけ観ることができるようにすればいいのです。

いわゆるスクランブルをかける方法ですが、実際にWOWOWやCSチャンネルなどはそうなっています。

現在は地上も衛星もデジタル放送なのですから、スクランブルをかけるのは技術的に十分可能です。

 

それでもNHKは頑なにスクランブル化することを拒否しています。

万が一、災害があった時に情報を届ける必要があるなど理由をつけていますが、そういう時は有事の時だけスクランブルを解除すればいいだけです。

おそらくスクランブル化すると、解約する世帯が増え受信料収入が減るのが怖いので、意地でもそうしないのです。

受信料を払うのは国民の義務とでも植え付けるかのようなやり方を続ける限り、NHKが国民から支持されるのは厳しいでしょう。