引越のサカイ従業員の基本給が5万円!勉強しまっせを取り違えてないか?

スポンサーリンク

かつては「勉強しまっせ引越のサカイ」というCMで一躍注目され、今や引越業界では大手となったサカイ引越センター。

その一方で引越業界は色々と良くない噂を聞くこともあり、顧客はもちろん、従業員にとってもブラックです。

そんなサカイで従業員がなんと基本給5万円で働かされていたということが明らかになり、大騒ぎになっております。

スポンサーリンク

引越のサカイの基本給は5万円!労働組合が悲鳴を上げる

さすがにあんな重労働をしていて基本給が5万円なんてあり得ない!

これは労働組合が訴えるのも不思議ではありません。

 

実際の手当は、基本給の他に業績給、残業手当で手取りが人並みになるというのです。

実際にもらえるなら良いのではと思うのですが、年金の支払は基本給がベースになるため、老後にもらえるお金が少なくなります。

またボーナスも基本給何ヶ月分と計算されるので、大してもらえません。

 

これはサカイの経営側が余計な人件費をかけたくないため、基本給を低くしているのでしょう。

いわゆるブラック企業がよくやる手法です。

こういうことが公になり、サカイの経営陣は果たしてどう対処するのでしょう。

サカイの従業員の不当待遇で企業崩壊の危険も?

引越のサカイについては、悪い話を聞くことも結構あるのですが、引越作業そのものはレベルが高い方です。

私も何度か利用したことがありますが、作業される従業員はとても丁寧親切に対応してくれます。

(逆に営業は評判悪いのですが・・・)

そのためサカイに引越を頼むという人も結構いるようでオリコン顧客満足度でも1位という高評価をとっています。

 

現場の従業員はとても一生懸命なのに、待遇は最悪で休みも十分取れない条項では、いずれ会社全体がおかしくなります。

今までそれでなんとかやってきたのでしょうが、こういうことが明らかになればサカイに入りたいという人も少なくなり、いずれ人手不足に陥り行き詰まるでしょう。

せっかく満足度が高い評価を得ているのに、経営陣が従業員の待遇をよくしなければ、あっという間に転落するでしょう。

下手すると先日のアート引越センターの野糞事件みたいなことでマイナスイメージがついてしまわないとも限りません。

まずは従業員のためにも、サカイの経営陣は改心して欲しいものです。