久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」でボッキとしか聞こえない空耳

スポンサーリンク

久保田利伸の名曲「LA・LA・LA LOVE SONG 」。

1996年に発表され、今でもカラオケなどで歌われることも多いでしょう。

 

様々なところで流れるこの曲、

聴くたびにいつも気になることがあります。

それは最初の歌い出しの歌詞。

何度聞いてもアレにしか聞こえません。

 

スポンサーリンク

久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」の空耳

この名曲「LA・LA・LA LOVE SONG」

歌い出しの歌詞、

まわれ まわれ メリーゴーラウンド

もうけして止まらないように

 

この歌い出しで「もうけして・・・」と歌っている部分、

何度聞いても「勃起して(ボッキして)」としか聞こえません!

 

もう何十年も聞いているのですが、やっぱり「もうけして」とは聞こえません。

 

いや、ちゃんと耳を澄ませば聞き取れますが、ボーッとして聞き流していると、「ボッキ」なんですよね。

 

スポンサーリンク

 

「LA・LA・LA LOVE SONG」がボッキと聞こえている人は多数

「LA・LA・LA LOVE SONG」の空耳問題。

そう聞こえているのは自分だけかと思っていたのですが、実は結構存在していたようです。

 

ほら、こんなにいるのです!

 

スポンサーリンク

 

「LA・LA・LA LOVE SONG」は真面目な曲

いくら空耳でボッキと聞こえたとしても「LA・LA・LA LOVE SONG」はそんなお下劣な歌ではありません。

 

1996年5月13日にリリース、フジテレビ系ドラマ「ロングバケーション」主題歌として使われ、大ヒットしました。

ちなみにこの曲ではナオミ・キャンベルも参加しており、名義も「久保田利伸withナオミ・キャンベル」です。

ナオミ・キャンベルとのコラボレーションに至った経緯に、当時ニューヨークに在住していた久保田が、偶然ナオミと同じマンションに住んでいたことがきっかけです。

マンションのエレベーター内で対面し、後に意気投合したことからコラボが実現しました。

ナオミは歌ってはいないものの、間奏などの合間にフレーズを囁いています。

 

多くの歌手にカバーされるほどのスタンダートナンバーでありますので、表立って話題になることはありませんが、これからも何かのきっかけがあれば「LA・LA・LA LOVE SONG 」のボッキ問題は付き纏ってしまうのでしょう。

カラオケでわざとそう歌っても誰も気づかないかもしれません。