紅茶の”ティーバッグ”と”ティーパック”正しいのはどちら?

スポンサーリンク

漫画のキン肉マンが好きであれば、ティーパックマンという超人がいたことを知っていることでしょう。

頭がティーカップの形をしているという、見た目が印象的なキャラクターです。

確か超人オリンピック(2回目の)の時に出てきたキャラクターで、ウォーズマンにやられてしまいました。

その時に頭をもぎ取られて、そのまま紅茶を飲むシーン衝撃的でした。

当時のキン肉マンは、まだギャグ要素が残っていたために、ネタで済んだのですが、リアルだったら残酷なだけのシーンでした。

 

ところで素朴な疑問なのですが、紅茶を作るときに茶葉が入っているパックのことを「ティーバッグ」だったり「ティーパック」ということがあります。

どちらも見かけるのですが、どれが正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

「ティーバッグ」「ティーパック」正しいのはどっち?

紅茶の「ティーバッグ」と「ティーパック」、果たしてどちらがが正しいのでしょうか?

正しいのはTea bag(ティーバッグ)です。

ただし、ティーパックも使われることもあるそうですが、通じるのは日本だけで海外では通じませんのでご注意を。

 

なお、ティーバック(T-back)は下着になるので間違えないように気をつけましょう。

40年以上経った今、なぜティーパックマンのカップが販売されたのか?

ところで、今回話題になったのがこれ、かなり本格的に再現されたティーパックマンのカップ。

当時、キン肉マンにハマっていた世代は懐かしさと意外性で、飛びつきそうですね。

逆に、最近の若い世代から見ると、新鮮さを感じるか、何のことなのか訳わからないですね。

 

なぜこんなものが40年以上も経った今になって発売されたのか。

はっきりしたことは語られていないのですが、どうやら磁器メーカーと精密部品メーカーがタッグを組んで企画されたものです。

何か面白いものを作ろうと考えて、おそらく世代であるキン肉マンからこのキャラクターを選んだのかもしれませんね。

色々と楽しめますし、インスタ映えもするかも?