逃亡医F原作者伊月慶悟の多分ドラマ化できないヤバい漫画3作品

2022年の1〜3月期のドラマの中に「逃亡医F」という、どこかで聞き覚えがある作品が放送されていました。

日テレ系で土曜日夜10時から放送されているのですが、ドラマそのものよりも、以前どこで覚えていたのだろうということばかり気になりました。

この作品の原作者に伊月慶悟という名前を見つけて、ようやく思い出しました。

数年前、Kindleunlimitedで読んだ作品の中に「逃亡医F」が含まれていたのです。

逃亡医Fは伊月原作作品にしてはマイナーで、特にヒットしていたということはなく、どちらかというとマニア向けです。

私がこの作品を見つけたのは、当時は叶精作作画の漫画を読むのにハマっていて、その中に伊月慶悟原作のものがあり、そこから辿りつきました。

今まで見てきた叶精作、あるいは伊月慶悟作品は、画も内容も大人向けのものが多く、逃亡医Fもその辺を期待していましたが、結構かたい内容でした。

ストーリー展開はそれなりに面白かったのですが、果たして万人ウケするかなというのが当時読んだ感想でした。

それがまさかテレビドラマの原作になるのですから、何が起こるかわかりません。

誰が逃亡医Fを見つけてきたのかわかりませんが、よく企画として通ったものです。

 

今回はテレビドラマは一旦置いて、Kindleunlimitedで読める伊月慶悟原作作品を3つ紹介します。

スポンサーリンク

逃亡医Fで話題の伊月慶悟原作マンガのオススメ3選

テレビドラマの影響で逃亡医Fが話題になっている伊月慶悟ですが、ドラマ以上に面白い漫画が結構ありますl

今回はその中からオススメしたい3作品を紹介します。

(ちなみに選んだら、全て叶精作の作画になりました)

 

ビューティー男

まずは「ビューティー男」、これで「ビューティーマン」と読みます。

オーラ化粧品という会社に女性のみが配属される部署に突然配属された男性主人公の作品です。

女の園に浮かれるかとおもいきや、主人公の男性はガッカリ。

なんと、彼は権力者に性指南をする名門の跡取りなのですが、そんな環境にうんざりして飛び出したのに、またまた女性ばかりの中に囲まれる羽目に。

本当にこんな指南をする名家があるのかどうかはアレですが、色々と期待ができる展開が多く、結構楽しめると思います。

これはさすがにテレビドラマとか映画化は無理かな(笑)

 

ゴッドジョブ

続いては「ゴッドジョブ」です。

これは天才的な腕を持つ整形外科医の話ですが、話の展開が面白い。

1話読み切りなので、読みやすいです。

叶精作の画もセクシーで、こちらも色々と期待ができる内容となっております。

これは大幅に脚本を修正すれば、なんとかドラマ化はできそうかな。

 

堕悪―DARK―

最後は「堕悪―DARK―」。

これは裏社会など、社会の闇を切り取ったなかなかの問題作です。

元刑事が金と権力と欲望に溺れる様は、なかなか読み応えがあります。

こういうのをドラマ化したら面白いのですが、色々問題になり難しいかな。

 

以上、伊月慶悟原作のオススメマンガを紹介しました。

正直にいうと、ストーリーも画も逃亡医Fよりもレベルが高く、こちらを読んだ方が面白いと感じるかもしれません。

その一方で、地上波では規制が厳しい分、ドラマ化はできないだろうなというものです。

Kindleunlimitedで読むことができるので、もし興味があれば目を通してみてください。

 

ちなみに、逃亡医FもKindleunlimitedの対象ですよ。

全3巻なので、すぐに読めるかな。