打首獄門同好会のベースjunkoが還暦すぎてるのは嘘だろうと疑うような事件が

日本のロックバンド「打首獄門同好会」にjunkoというベーシストがいるのですが、あることで有名になりました。

ずっと年齢不詳だったのですが、2018年のライブで実は還暦を過ぎていたことをカミングアウトしました。

その見た目からはとても60歳を過ぎていると信じられず、今でも嘘じゃないかと疑問です。

そのjunkoさん、先日まさかと思うような出来事に遭遇したようです。

スポンサーリンク

打首獄門同好会のベースjunkoが還暦すぎてナンパされる

まさかjunkoさん、新宿アルタの前でナンパされました(笑)。

そのナンパがどこまで本気なのかは分かりませんが、イケイケの風貌ですから、確かに声をかけたくなるのも分かります。

60を過ぎていても同年代に声をかけられたりすることはあるでしょうけど、明らかに若い男性に声をかけられたというのですから、まあびっくり!

61がそんなに若いわけないだろうと自虐ツイートしているjunkoさんも、実は結構嬉しかったのでは。

スポンサーリンク

 

打首獄門同好会のベースjunkoの若さの秘訣とは?

見た目がとても60過ぎには見えないとはいえ、何もしていなければこれだけのスタイルを保つことはできないはず。

一体junkoさんはどんなことをして若さを保っているのか。

実は定期的にかなりハードなトレーニングをしており、体をかなり絞っています。

しかもキックボクシングの先生にの指導を受けるという本格的なもの。

やはり何もしないでそうなったわけではないのですね。

しかも、お菓子抜きダイエットを取り入れるなど、なかなかストイックです。

 

お顔はよく見ると、さすがに隠しきれない部分はあるものの、ボディは20~30代と変わらない見事なプロポーションです。

そして何よりバンドのベーシストとして精力的に活動していることが、精神的にも若々しさを得られているのでしょう。

世の中には70歳を過ぎてもビキニを着て若さを保つ女性もいるくらいですから、junkoさんもまだまだ余裕じゃないでしょうか。