岩手県初のコロナ感染者を特定し中傷した奴らには天罰が下って欲しい

スポンサーリンク

最後まで新型コロナウイルス感染者が0人で、唯一の聖域と言われていた岩手県でとうとう感染者が出てしまいました。

特定された2名のうち1名は関東でキャンプに出かけて感染してしまったようで、不注意だったと言わざるを得ませんが、もう1名は運が悪かったとしか言いようがありません。

 

ずっと感染者が出ていなかった岩手県で第1号になってしまったら、周りからの誹謗中傷で攻撃されてしまうのではないかという恐れがあったのですが、どうやら現実のものになってしまったようです。

 

スポンサーリンク

岩手県の新型コロナウイルス感染者を特定し中傷する事件が発生

もう、これは企業の法としてはたまったものじゃありませんよね。

誰も新型コロナに感染したいと思ってかかったわけではないのに。

 

電話をかけたり、メールを送ったり、中には直接企業に訪問して暴言を吐くなどというケースもあるようです。

こういうことをする人たちって、どれだけ暇なのでしょう?

最近多い「正義マン」や「自粛警察」気取りのただのクレーマーですね。

スポンサーリンク

 

岩手県初の新型コロナウイルス感染者中傷に対する世間の反応

この件については、世間も厳しい反応を示しています。

 

  • 中傷する側は何様なんだろう。一個人を吊し上げて何が得られるのだろう。他にやるべきことがあるだろう。
  • コロナは気を付けていても誰でもかかる可能性がある。中傷する人は自分自身がかかったらどのように弁明するつもりなんだろう。
  • 感染は不可抗力です。誹謗中傷する方々は、風邪やインフルエンザなどに感染、発症した方をも誹謗中傷しますか? 患者さんにはいたわりの言葉を。ご本人とご家族、周囲の会社など関係者へ不利益が生じるような言動は絶対に許せません。
  • 誰が罹患しても、おかしくない日本の状況です。罹患したいと思って、罹患する方はいないはず。逆の立場を考える想像力を持ちたいものです。コロナで、人々の心が荒んでいるのかなぁと、少し悲しくなります。
  • 確かに、住んでいる地域に感染者が増えてくると怖い。感染経路が、他県への旅行、などとなると勘弁して、という気持ちにはなる。だけど感染してしまった人を中傷したりするのは違う。なんの意味もない。自粛中の不自由な生活てギスギスしちゃうけど、コロナより人が怖くなってはいけない。

 

やはり誹謗中傷に対しては許せないという反応がほとんどです。

そして、もう1つ気になったのは、新型コロナウイルスではなく、コロナのせいで人が人を殺すような状況になってしまっているということ。

 

新型コロナウイルスで怖いのは、罹患することではなく、恐怖で人の心が壊れてしまうことなのかもしれません。

スポンサーリンク

 

感染者を特定し誹謗中傷したものには厳罰を

今回の岩手県で新型コロナウイルス感染者に対する誹謗中傷について、岩手県の達増拓也知事は厳しく対処する姿勢を示しました。

中傷に対しては鬼になる必要があると強調。

またSNSなどで個人などの特定や誹謗中傷があった場合は、画面を証拠として押さえ、厳しく対処すると明言しました。

 

県は警察ではないため捕まえることはできないのですが、情報を送ることはできるので、誹謗中傷した者たちをしっかり特定して欲しいところです。

また、直接企業に訪問した輩に対しては、不謹慎ですが「こんなところに来たらお前も新型コロナウイルスに感染するぞ」とか脅すくらいしてもいいと思います。

あとは、防犯カメラで撮影をして証拠を残しておけば完璧です。

 

誹謗中傷する奴らに対しては怒りしかわきません。