ホットヨガでダイエットする時は食事と水分も大事なポイント!

スポンサーリンク

ホットヨガはダイエットに効果があるということで、現在レッスンを受けていたり、これからチャレンジしようかなと思っているかもしれません。

1時間程度でたっぷりと汗をかき、見た目以上にカロリーを消費するホットヨガはダイエットはもちろん、美容や健康、アンチエイジングにも効果があるのです。

どうせやるなら、最大限に効果を発揮できるようにしたい。

そのためには食事に気をつける必要があるのです。

 

今回はホットヨガを行う際に注意したい食事を摂るタイミング、どんなものを食べると良いか、お酒について取り上げます。

 

スポンサーリンク

ホットヨガをを行う前後2時間は食べてはいけない

ホットヨガスタジオに通うと、注意事項として食事を摂るタイミングについて次のように伝えております。

  • 「ホットヨガのレッスン前後2時間は食事を控えてください」

実はこのように明記されているのは、ホットヨガをはじめとしたヨガ系によく見られます。

1~2時間と時間に違いはあるものの、直前直後に食べるのはNGなのは間違いありません。

(一般的なスポーツジムなどでは見かけません)

あえてこのようにはっきりと注意しているのには、ちゃんとした理由があるからです。

 

ホットヨガの前に食事をしてはいけない理由

まず、ホットヨガを行う前に食事をとってはいけないのは次のような理由からです。

  • お腹に食べ物があると内臓に負担がかかる
  • 満腹でホットヨガをすると気分が悪くなる
  • 空腹の状態で行うことで効果が上がる

 

まず普通に考えてみれば、お腹が満腹の状態で動くのはキツイですね。

食事をした時は食べ物を消化するため胃と腸が活発に動いております。

そのため血液も内臓に集中するため、脳への血液の循環が減り、ぼーっとした状態になるのです。

ヨガに限らず、食後すぐに運動するのは十分に力がはいりません。

特にヨガは、全身で様々なポーズをとる運動で、内臓を圧迫・刺激することもあります。

その時に、食べ物が消化しきれず胃や腸が動いていると、さらに負担がかかってしまい、十分な効果が得ることができません。

ホットヨガは、心身共にリラックスさせ、安定した状態にさせることも目的です。

その時に、内臓が食べ物の消化で余計なエネルギーを使ってしまうのはもったいないことです。

ですので、2時間ぐらい前には食事を済ませて、スッキリした状態でホットヨガを行いましょう。

 

ホットヨガの直後に食事をしてはいけない理由

そして、ホットヨガの前だけではなく、ホットヨガが終わった後の食事にも注意しなくてはいけません。

こちらもレッスンが終わった後2時間程度は食事をしないようにします。

理由としては、

  • 食事の吸収が良くなり脂肪等が余分につく可能性がある
  • ヨガで内臓を動かすので、直後に食べると消化不良になりやすい

 

ホットヨガを始め、運動をすると体が温まり血液やリンパの流れが良くなり、通常よりも栄養の吸収率が高まります。

さらに大量の汗で体内の水分や毒素が排出され、不足した分を補うために、いつも以上の栄養を体に取り込もうと身体が反応してしまうのです。

そのような状態で食事をすると、栄養の吸収が良すぎて、逆に太ってしまうということもあるのです。

どうしてもヨガなど動いた後は、喉も乾きお腹も空きますので、ついつい食べ過ぎてしまうケースが多いようです。

(実は、これがホットヨガをしていても、なかなか痩せない理由に1つでもあるのです。)

 

また、ヨガは内臓もゆっくり動かし、伸ばそうと意識して行う運動であるので、内臓も適度に疲れが出ているのです。

その状態で食事をすると、内臓に負担がかかり消化不良になることもあるのです。

ヨガで負担のかかった内臓を休ませるためにも、2時間程度は時間を空ける必要があるのです。

逆に、筋トレなどで筋肉をつけたい時、プロテインやHMBをトレーニング後すぐに摂取することがありますが、それは体の吸収力が上がっているのを利用しているのです。ホットヨガの場合は筋トレなど他のトレーニングと性質が異なる部分があるので、基本的にはヨガ後2時間程度は食べないのが好ましいです。
スポンサーリンク

 

ホットヨガを行う前後に食べると良いものは?

ホットヨガを行う前後に食事する時間を空けると効果がありますが、どんなものを食べると良いのかもダイエット成功を左右します。

せっかくならば、効果をあげるようなものを食べるようにしたいですね。

具体的にどのようなものを食べるのが良いのでしょうか。

 

ホットヨガ前の食べ方とオススメの食べ物

ホットヨガをする前に食べるもののポイントとしては、ズバリ消化の良いものです。

そして、軽く済ませることも大事で、6割程度満たせれば十分です。

 

実際にどんなものを食べると良いか?

  • 胃に負担のかからないスープなどの温かいもの
  • 肉や魚も脂っこくなければOK
  • 適量の炭水化物、お米が良くおかゆにするのもあり

炭水化物については、ヨガをするのにエネルギーが必要となるので、口にしておくと良いでしょう。

なお、どうしても食べる時間が取れない場合は、スポーツ系ゼリー飲料やヨーグルトなどを食べると良いでしょう。

万が一レッスン時間に近くなったとしても、内臓の負担にならずエネルギーに変わるのも早いので安心です、

なお、お茶やコーヒーなどカフェインが含まれているものも適度であればOKですが、飲み過ぎには注意しましょう。

 

ホットヨガの後の食べ方とオススメの食べ物

ホットヨガをした後は、お腹も空いているので、しっかり食べたいところですが、ここで一工夫することで、ダイエットしやすい体に近づきます。

この時に食べておきたいのは、

  • タンパク質
  • ミネラル、食物繊維、ビタミン類

 

タンパク質を効率的にとれる食べ物としては鶏のささみチキンサラダ大豆製品がおすすめです。

ここで気をつけて欲しいのは、脂っこいものや高カロリーの物を大量に食べてしまわないようにすること。

ジャンクフードやスナック菓子などはもってのほかです。

 

また、食物繊維やビタミンが豊富な野菜は積極的に食べるようにしましょう。

種類が多いので、何を食べると良いのか迷うかもしれませんが、基本的にはあなたが食べたい野菜を選ぶと良いでしょう。

(ただし、ポテトサラダなどカロリーの高いものは避ける)

 

ホットヨガをした後にお酒は飲んでもいいの

もう1つ気になるのがお酒などアルコール類について。

特にホットヨガを終わった後、ついつい口にしたくなってしまうなんてこともあるかもしれません。

しかし、ヨガの後のお酒は避けるべきです。

理由は大きく2つあり、

  • 吸収力が高い状態なのでアルコールの回りが早い
  • 筋肉が減り、脂肪・ぜい肉がつきやすくなる

これはヨガに限らず、筋トレなどのトレーニングをしたら、その日はお酒は飲むべきではないのです。

飲んでしまっては、せっかくホットヨガで動いた効果も半減してしまいます。

スポンサーリンク

 

水をマメに飲むことを忘れない

食事については、ホットヨガ前後の2時間は食べないようにするのが良いのですが、逆に水は時間に関係なくこまめに飲むようにしましょう。

ホットヨガでは大量の汗をかきますので、レッスン前にある程度の水分が体にないと、途中で体調が悪くなる可能性もあります。

これはレッスン中も同様です。

(基本的にインストラクターから給水の指示が出ます。)

 

また、レッスン後もいつもより体内の水分が少ない状態です。

それと体内の血液やリンパの巡りを良くして、デトックス効果を高めるには水分が必要です。

レッスン後も、喉が乾く前にこまめに飲むようにしましょう。

 

飲むものは基本的には水が好ましいです。

レッスン後には糖分が欲しくなるので、ラテなど甘いものを飲みたくなるかもしれませんが、それも我慢しましょう。

吸収が良い状態なので、おデブまっしぐらですよ!

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、ホットヨガを行う際の食事で気をつけることについてまとめました。

ホットヨガでダイエット効果を高めるためには、食事の時間と食べるものが重要ということです。

  • ホットヨガを行う前後2時間は食べない
  • ホットヨガ前は「消化の良いもの」「6割程度に抑える」
  • ホットヨガの後はタンパク質や食物繊維を積極的に食べる
  • ホットヨガ後のお酒はNG
  • 水分はこまめに飲むことを忘れない

これらのポイントを押さえて、ホットヨガでのダイエット効果をアップして、しなやけでスリムな体を手に入れましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました