ホットヨガとピラティスの違い|ダイエットに向いているのは?

スポンサーリンク

ホットヨガはダイエットできそうだと興味を持つと、気になるのは普通のヨガとの違いです。

基本的には常温か高温多湿の室内で行うかの違いで、動作は同じです。

 

そして、もう1つ比較されるものとしては「ピラティス」があります。

もしかしたら名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんが、ヨガに比べるとあまり知られていないかもしれません。

確かに似た部分はありますが、気になるのはどちらがよりダイエットに効果があるのかということですね。

 

今回はホットヨガとピラティスの違いと、どちらがダイエット効果があるのかについて取り上げます。

 

スポンサーリンク

ホットヨガとピラティスの違いについて

まずはホットヨガ(ヨガ)とピラティスとはどのようなものなのか?

実はそれぞれルーツが異なるのです。

 

ヨガは古代インドが発祥

ヨガについては、よく知られているように古代インドが発祥です。

今では健康法としての側面が強くなっていますが、本来は修行のための総合的な思想体系であり、悟りの境地へたどり着くことが目的です。

そのため、どちらかというと瞑想して精神を鍛え、それと同時に腹式呼吸や動作によって強い肉体も作っていたというのが正解かもしれません。

結果的にヨガを継続することでインナーマッスルや体幹が鍛えられ、血流が良くなったり身体の歪みが矯正されていきます。

さらに代謝もアップしダイエットにもよく、自律神経のバランスが整えられる効果も期待できます。

 

ピラティスはドイツで開発されたリハビリ目的のエクササイズ

一方ピラティスは、ドイツ人看護師ヨゼフ・ピラティスによって開発されたエクササイズです。

1920年頃、戦争で負傷した兵士のリハビリのために考案されました。

ヨガや太極拳の要素を取り入れ、身体の深層筋へとアプローチし、骨盤の歪み矯正や美しい姿勢・内臓機能の回復・虚弱体質の改善などの効果が期待できるというものです。

ケガ人など体力の弱った人にも大きな負担をかけることなく、インナーマッスルを鍛える運動です。

本来、リハビリが目的でしたので、運動で使う筋肉ではなく、姿勢の位置、関節を支える筋肉を鍛える動きが基本になります。

実際のエクササイズは、ゆっくりとした動きやヨガをベースにしたポーズが中心です。

このような動作で体幹やインナーマッスルが鍛えられることもあり、ヨガと似ていると言われることもあります。

具体的にどのような動きなのかについては、以下の動画を参照してください。

 

ヨガとピラティスの違い

ルーツは異なりますが、似た部分もあると言われるヨガ(ホットヨガ)とピラティス。

この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

大きな違いとしては次の通りです。

  • 身体の動き
  • 呼吸法
  • 目的
順に詳しく説明します。

 

身体の動き

ヨガはポーズをとって静止する動作が多いです。

一方、ピラティスは止まることなく、常に動いており、静止ポーズはほとんどありません。

 

呼吸法

ヨガは腹式呼吸ピラティスは胸式呼吸で行います。

これは、それぞれの動きの性質上によるものです。

ヨガは深い呼吸に合わせて動き、完成系として静止ポーズが取られます。

これを深い呼吸を繰り返しながら行うのです。

ピラティスは流れる動きがメインで深い呼吸をする場面がほとんどないため、結果的に胸式呼吸になるのです。

どちらが良い悪いということはないのですが、腹式呼吸は副交感神経を活発にし心身ともにリラックスし、胸式呼吸は交感神経が活発になり身体を活性化させます。

また、どちらの呼吸法にも自律神経を整える効果があります。

 

目的

そして目的の違い。

ヨガは呼吸や精神面に重点を置き心身の悟りを開くのが目的です。

一方、ピラティスはリハビリから生まれていることから、体幹を鍛え身体の正常な機能を取り戻すという肉体面へ働きかけがメインのエクササイズになります。

ヨガは深い呼吸をしながらポーズをとる動作がメインで、柔軟な筋肉が作られます。

対してピラティスは、体の根幹から鍛え、強度のある引き締まった筋肉が作られます。

 

その他の違い

上記以外にも使用するマットや服装にも違いがあります。

ヨガ・ピラティスともにマットを使用しますが、ヨガマットの方が薄く、ピラティスマットの方が厚いのです。

これはピラティスの方が動きが多く、あまり薄いと痛いからです。

また、服装はどちらとも動きやすいものが好ましいです。

寝転がったりすることが多いので、ファスナーや付属品の付いていないもの、ゆったりすぎて胸が見えたりしないよう、ある程度身体にフィットしたものがオススメです。

ピラティスの場合、関節の曲げ伸ばしが多いため、伸縮性のあるものがよく、特にウエスト部や手首、関節を締め付けるものは避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

 

ホットヨガとピラティス、ダイエットに効果的なのはどっち?

ホットヨガ(ヨガ)とピラティスについて、それぞれの特徴や違いを取り上げてきました。

結局のところ、ダイエットしたいのであれば、どちらを選ぶと良いのでしょうか?

どちらともダイエット効果は期待できますが、具体的には、

  • とにかく脂肪を減らして体重を減らしたいならホットヨガ
  • 体重を減らしならがもボディメイクもしたいならピラティス

と目的別に分けるのが良いでしょう。

ホットヨガは腹式呼吸で行う全身運動・有酸素運動と考えられます。

続けることで基礎代謝がアップされる痩せやすい身体を作ることが期待できます。

また、大量の汗をかくことでのデトックス効果での痩せ効果もあります。

 

一方、ピラティスは体幹・インナーマッスルを鍛えるエクササイズが多いことから筋トレに近いものがあります。

これで十分に身体を燃焼させることはできますが、それ以上にしなやかなボディを作る方に適していると言えます。

 

さらに大きな違いが消費カロリー。

1時間エクササイズをした場合、

  • ホットヨガは約330キロカロリー
  • ピラティスは約160キロカロリー

やはりカロリー消費が大きい方が痩せ効果がありますので、とにかく痩せたいならばホットヨガを選ぶのが良いでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、ホットヨガ(ヨガ)とピラティスの違いについて取り上げました。

どちらともゆったりした動きですので、今まで運動をしていなくても取り組みやすいエクササイズです。

ただ、動作や効果に違いがあります。

  • ヨガはゆったりとした動きで深い呼吸、しなやかな身体を作る
  • ピラティスは動き続けて浅い呼吸、引き締まった身体を作る

 

これを踏まえて、どちらがダイエットに良いかを整理すると、

  • とにかく脂肪を減らして体重を減らしたいならホットヨガ
  • 体重を減らしならがもボディメイクもしたいならピラティス

 

体重の減りでいうと、ホットヨガの方が速いです。

例えば、まずはとにかく痩せようというならホットヨガにチャレンジ、ある程度痩せてきて、女性らしいボディメイクをしたいならピラティスという順に取り組むのもありでしょう。

ホットヨガスタジオLAVA」や「カルド」など全国展開しているホットヨガスタジオでも、ピラティスのレッスンを行なっております。

あなたの目的に合わせ、行うレッスンを選んでチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました