ホンダのF1撤退に予想以上に批判が多い理由は結局何だろう

スポンサーリンク

自動車メーカーのホンダがF1を撤退することになりました。

2021年が最後なので、まだ少し先ですが予想以上に多くのメディアで報道されました。

普段はF1のことなど記事にしないのに、こういうことは結構大きく出てしまうのは、ホンダの経営状況などが経済的に注目されるからです。

いろいろな状況が重なっての苦渋の決断だったようですが、世間からはホンダに対して批判の声が多く上がっております。

それは撤退したことではなく、以前言ったことと話が違い嘘をついているからということなのですが、一体どういうことなのでしょう。

 

スポンサーリンク

ホンダのF1撤退が大きく取り上げられる

ホンダのF1撤退のニュースは、NHKをはじめ日経など普段はF1のことなど取り上げないメディアでも大きく報道されました。

ホンダはトヨタや日産と並ぶ日本の自動車メーカーで、日本経済の動きに大きく関わるため話題になるのです。

 

このことから、ホンダの経営状態は大丈夫か、何か新しい戦略を打ち出して建て直しをするのかなど、いろいろな憶測が飛ぶわけです。

スポンサーリンク

 

ホンダのF1撤退について批判が多い理由

普通だったら、やはり予算がキツかったのかとか、残念だなという声が上がりそうなのですが、今回は結構批判の声が多く上がっております。

実際の声を拾ってみると、その理由が見えてきます。

 

前回のホンダ撤退の時と同様、ちょっと業績が下がればすぐに撤退ですか。この一貫性のなさがファンから見放されている要因だというのに、経営陣はわかってないようですね。
サラリーマン社長は自分の代の業績を下げないことに必死で、本田宗一郎の思い、ホンダのDNAが何たるかなんて分かっていないようです。
車内の風通しの悪さや、私利私欲にまみれた覇権争いが、なんだか透けて見えてきます。

ホンダが悪い、というよりはF1全体に課題が多いと思う。
コロコロかわるレギュレーション、マシンへの制約、魅力的なマシンやドライバーの減少など。

ルノーやフェラーリのように生き恥を晒しているわけでもないので、経営的な理由での撤退と推測しますが、そういう経営判断をしているから日本企業が伸びない。F1活動を利益に結びつけられない営業・経営が悪い。ここまで伸びてきたのに本当に残念

2008年にF1界全体に後ろ足で砂をかけるような形で撤退しておいて、2013年の参戦発表時にどの面下げてF1に戻ってくるんだ、と思っていたが、まさかもう一度撤退することになるとは。
PU規定の議論でも「ホンダはMGUーHのためにF1に戻ってきた。MGUーHが廃止ならホンダはF1に残らない」と強固に主張してMGU-H廃止に待ったをかけたんじゃなかったっけ︎ !?
まさかコロナのせいにする気じゃないだろうな。
最近になって結果が出始めていたので本当に残念。日本メーカーのF1との関わり方なんてしょせんそんなもんか、と思われかねないだけに忸怩たる思いだ。

 

やはりずっとF1でホンダを応援してきたファンからは批判的な声が多いですね。

ホンダは参戦と撤退を繰り返しており、一貫性のなさに苦言を呈す意見が結構あります。

やはり創業者の本田宗一郎氏がいなくなったことが影響しているのでしょうね。

スポンサーリンク

 

日本の自動車メーカーはF1に参戦するメリットはなくなりつつある

批判的な意見があるとはいえ、ホンダのF1撤退は昨今の状況などを考えると仕方がないのかもしれません。

 

  • F1の日本での人気低下
  • F1ルールの度重なる変更
  • 自動車のEV化を進めるための開発

 

他にもホンダの経営を苦しめる理由は色々あるでしょう。

 

これはホンダだけでなく日本の他のメーカーも同じで、今後は環境に優しく、自動運転が主流になりつつあるので、そちらの方に経営資源を割り振るのは経営陣としては当然の考えです。

とはいえ、運転を楽しめる車が今後少なくなるのかなと思うと寂しい気もします。