ホットヨガは自宅でもできる!やり方と気をつけることについて

スポンサーリンク

たっぷり汗をかいてダイエットやストレス解消、デトックス効果があり、女性に人気のあるホットヨガ。

ホットという名前の通り、ヨガをする場所は温度が高めで、湿度も高いスタジオ(ルーム)で行います。

そのため、ホットヨガは専用のヨガスタジオで行うことが多いです。

 

しかし、時間やコスト等の問題でなかなかスタジオに通うことができないというケースもあるかもしれません。

かといって、高温多湿の環境を自宅に作るのは難しいです。

 

それでも、なんとか自宅でもホットヨガを行える方法はないか?

調べてみたら、ちょっと工夫すればできることがわかりました。

 

スポンサーリンク

自宅でホットヨガを行う方法とは?

自宅でホットヨガを行う方法としては、大きく2つあります。

  • 部屋をホットヨガができる環境にする
  • お風呂でホットヨガを行う

具体的な方法は次の通りです。

 

室内をホットヨガができる環境にする

1つ目の方法は自宅の1室をホットヨガをする時の環境にすることです。

ホットヨガの環境は、

  • 室内の温度は37~40度
  • 湿度は60%ぐらい

 

できるだけ狭い部屋を選ぶと、設定しやすいでしょう。

温度については、夏は室内を締め切れば適温になるでしょう。

冬は暖房機器の設定温度を上げたり、ホットカーペットを使うなどすると良いでしょう。

湿度は加湿器を使用すればよいですが、乾燥しやすい冬は1つだけだと足りないかもしれません。

複数台用意するか、洗濯物や濡れたタオルを部屋に干すなどしてみましょう。

 

お風呂でホットヨガを行う方法

もう1つの方法はお風呂場を使うことです。

ここであれば、湿度は条件を十分満たしておりますし、空間も狭いので温度も上げるのも難しくありません。

湯船で半身浴をしながら行ったり、洗い場にヨガマットを敷いてポーズを取るなどして行うことができます。

湯船で半身浴をしながら行う場合は、狭い分だけ動きは限定されてしまいますが、ちょっと行う分には十分でしょう。

例えば、このようなエクササイズがあります。

この動画で紹介されているのは

  • 牛の顔のポーズ
  • ツルのポーズ
  • 合せきのポーズ
  • 一本足のポーズ

上の2つは二の腕、下2つは太ももを引き締めるヨガです。

 

自宅でホットヨガを行う時の注意

工夫をすれば、自宅でもホットヨガを行う環境を作ることは可能です。

しかし、いくつか注意する点もあります。

 

熱中症に注意

1つ目は自宅に限らずホットヨガを行う際の注意ではあります。

高温多湿の中で行いますので、体内の水分が不足する状態になります。

スタジオで行う際には、インストラクターから給水をするよう都度声がかかりますので、あなたが意識しなくても忘れることはないでしょう。

しかし、自宅でだと一人で行うことが多く、意識していないと飲み忘れる可能性が高くなります。

このようなところでヨガをしていると頭がぼーっとして判断力も鈍ってしまうため、水を飲もうという意識を薄れがちです。

そのため、スタジオよりも熱中症になる可能性が高くなります。

常に近くに水を用意し、こまめに飲むようにしましょう。

忘れそうな場合は、タイマーなどを使って給水タイムを設定することをオススメします。

 

カビの発生に注意

室内の湿度が高い状況だと、カビが発生しやすくなります。

ですので、ホットヨガを行うために湿度をあげた場合、終わった後の除湿を忘れないようにしましょう。

具体的には風通しを良くして、湿気を逃すようにします。

これは室内・お風呂場共に気をつけるようにしましょう。

 

暖房使用時は一酸化炭素中毒に注意

こちらは特に冬場に注意したいことです。

特に石油やガスストーブを使った場合、室内の酸素が使われます。

酸素が不足すると、火が不完全燃焼を起こし一酸化炭素を発生してしまいます。

最悪の場合、意識を失い命の危険もあります。

もし行う場合は、空気の入れ替えに気をつけることと、長時間行うことは避けるようにしましょう。

 

電気製品の故障

室内を湿気で満たすと置いてある電気製品に影響が出てくることがあります。

電気製品はとにかく湿度に弱く故障の原因にもなります。

ホットヨガを行う場合、スマホなどで動画を見ながら行うこともあるでしょうが、故障する危険性もありますので、十分注意しましょう。

お風呂に持ち込むときも同様で、湿気と防水対策はしっかり行いましょう。

 

お風呂場での転倒

お風呂場でホットヨガ、特に洗い場は床が滑りやすく危険です。

滑らないようにヨガマットを敷くなどして安全対策を行いましょう。

また、狭いためポーズをとったときに勢い余って壁に手や足をぶつけることがあるかもしれません。

打ち所が悪ければ怪我してしまいますので、その点も十分気をつけるようにおなってください。

 

まとめ:自宅でのホットヨガは慣れるまでが大変かも

以上、自宅でホットヨガを行う方法と注意点についてまとめました。

自宅で行うことは可能ということはわかりましたが、注意することが結構多いです。

また室内の温度や湿度を上げるのに準備に手間がかかったり、そもそも使えそうな部屋がない場合があるかもしれません。

その点を考えると、厳しい面もあります。

 

お風呂場でホットヨガをする方法は、さほど手間がかからないので手軽に行うには良いでしょう。

ただし空間が狭いため、動作に制限が出てしまうのがデメリットになります。

 

さらに、過去に倣った経験があり、やり方を知っていれば問題ないのですが、初めて行うときは、ヨガの動作を本や動画で覚える必要があります。

自分で行うため正しいかどうかの判断も難しいですし、全身を映す鏡などがない場合、チェックもできません。

 

その点を考慮すると、やはり一度は体験レッスンでも良いのでホットヨガのスタジオで試してみるのが良いでしょう。

自分だけで行うのと、インストラクターに教えてもらうのでは、やはり違いますので。

全国展開している「ホットヨガスタジオLAVA」や「カルド」であれば、500〜1,000円程度で体験レッスンが受けられます。

一度、雰囲気がどんなものか試してみる価値はあります。

そこで自分でできるかスタジオに通うかを決めても良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました