三浦春馬の「遺書」が次々と明らかにされている謎

スポンサーリンク

突然の死から日にちも経過していますが、世間では未だにそのショックから立ち直れていない状況が続いています。

こういうときには決まってメディアは次々にあることないことを書き立てます。

数ヶ月前の三浦さんの不穏な行動、母親との確執、金銭問題などなど・・・。

 

中でも最近多いのが「遺書」に関することです。

三浦さんの訃報で自宅から遺書らしきメモがあったとかなかったとか情報が流れていますが、はっきりしたことはわかっておりません。

そんな中、週刊誌などは「遺書」の内容を公開など、衝撃的スクープを出していますが、実際はどうなのでしょう。

 

スポンサーリンク

三浦春馬の「遺書」について話題にしているメディアは

ネットニュースなどをみると、三浦春馬さんの「遺書」についてほのめかす記事を上げているのがこちら。

このほかにも東スポなども、この話題について触れています。

 

どこのメディアも、三浦さんの自室に手帳があり、そこに何か走り書きのような物があると書いております。

しかし、その中身について具体的に触れているところは1つもなく、「関係者」の証言が延々と綴られております。

 

読んでいくと、あたかも本当のことのように書かれておりますが、正直なところ本当のことなのかどうか信頼性はありません。

スポンサーリンク

 

三浦春馬の「遺書」についての世間の反応

これら三浦春馬さんの「遺書」について、世間ではどんな感想を持っているのでしょうか。

 

  • 他の記事にあったけど母親が三浦春馬に内緒で事務所からも金を無心をしたり、自分がやっていたねずみ講に三浦春馬の名前を勝手に使い、それが発覚して三浦春馬は母親と絶縁したらしい。酒の量が増えたのもその頃だしこの記事にある鬱になり始めたのもこの頃とあう。
    全ての記事が正しいとは思ってないが。
  • あとからあとから出てくるけど、本当のことなのかな。いなくなってもいろいろ言われてかわいそう。春馬くんの心の中は彼にしか分からないのに。今まで、幸せに思えたのだろうか…。ずっと辛かったのかな。その根底にやっぱり母親、家族との関係があったのかな。こんなに周りから愛されて自分もたくさんの人を親のように、兄弟のようにと思ってやってきても、埋められない何かがあったのかな。ほんとに、素敵な人を失った悲しみが毎日増してます。
  • 表に出ないと思ってた手記の内容。小出しにする記事に対し腹立たたしいと同時にすがすがるように読んでしまう自分もいる。
  • 春馬くんが日記の公開を希望していたのなら読みたい気持ちがありますが、そうでないなら内密にしておいてあげてほしいです。
  • 残された遺書とも言われている日記の内容が、次々と公開されていくんですね。しかし、こういうことを軽々しく吹聴する知人、親しい人が三浦春馬さんの周囲にいたなんて信じられないな〜。

 

実は、半分以上は三浦さんの苦悩に同情したり、ただただ悲しいというものでした。

しかし、三浦さんが亡くなってから次から次に色々なことが出てきて、何が本当なのか正直疑わしいです。

ファンも三浦さんを失ったことで心が弱ってしまっているので、このような話が出てくると、どうしてものめり込んでしまうのでしょう。

スポンサーリンク

 

三浦春馬の事務所が何も発表していないならそれが正式な情報

ここまで三浦春馬さんの「遺書」についてのことを取り上げました。

週刊誌などの記事は、完全に遺書があるものという前提で記事を書いております。

 

しかし、事務所や警察は遺書の存在については公式に何も発表しておりません。

さらに三浦さんの死因についても正式には触れておりません。

どうしても周りが自殺と決め付けてしまっておりますが、正式に発表されたわけではありません。

はっきりしているのは、残念ながらこの世を去ってしまったということだけです。

 

ファンとしては真相を知りたいという気持ちも強いのでしょうが、親族や故人の希望で何も明かさないというのはよくある話です。

もしかしたら、今回の件だって三浦さんの「遺書」でそういう遺志があったのかもしれません。

そのため、事務所も必要以上に何も発表しないものと考えられます。

 

今できることというのは、三浦さんのご冥福を祈り、生前に遺した作品を見て応援することが、何よりの供養なのかもしれません。

 

今後も三浦さんの「遺書」についての記事は出てくるでしょうけど、事務所や親族が正式に発表しない限りは本物ではないと考えるのが間違いないでしょう。