阪神の次期監督に落合博満の名前が!星野監督のような改革に期待か?

2022年シーズンの阪神タイガースの不振、虎党はもちろん、周りのプロ野球ファンはまさかこんなことになるとは予想もしていなかったでしょう。

早くも自力優勝の可能性がなくなる日も近づいており、ファンは早くも次期監督についての話題が出てくるようになりました。

ほとんどが阪神OBの名前が出てきますが、中には本気で改革するために落合博満さんを招聘すべきだという声も出ております。

しかし、阪神の体質では落合さんが監督になって上手くいくように思えません。

スポンサーリンク

阪神タイガースの次期監督候補に落合博満は厳しい

2022年シーズンの阪神の成績では、次の監督の話が出てきてもおかしくありません。

そもそも矢野監督がシーズン前に退任を発表しているからでもあるのですが。

 

阪神の次期監督候補として名前が浮上しているのは、やはりOBです。

岡田彰布、掛布雅之 藤川球児、鳥谷敬と阪神で活躍して選手ばかり。

あとは桧山進次郎や赤星憲弘、あるいは再び金本知憲かもしれません。

 

そんな中、名前が上がったのが落合博満さんです。

知っての通り落合さんは阪神とは何も関連はなく、いわゆる外部招聘となります。

阪神の場合、監督はほとんどOBで、外部で呼ばれたのは野村克也さんと星野仙一さんです。

野村さんは優勝できなかったもののチームの下地を作り、星野さんはそれを引き継ぎ、見事にリーグ優勝しました。

そういう効果を期待して、落合さんに阪神を変えてもらいたいという気持ちがあるのかもしれません。

 

しかし、阪神は知っての通り体質が古く、外からのものを受け入れるのに抵抗があります。

野村さんや星野さんは交渉術に長けていたので、上手くやっていましたが、落合さんはそういうのは好きではないので、仮に監督になってもギクシャクするのは目に見えております。

多分、選手よりもOBや経営陣の反発があり、上手くいくとは思えません。

まあ、落合さんもそんなことはわかっているので、仮に話があったとしても断るのは間違い無いでしょう。

 

阪神の体質を考えると、やはりOBから選ぶことになるのでしょうね。

個人的には金本さんに返り咲いて、チームに喝を入れてほしいです。

スポンサーリンク

シーズン前に監督を退任すると発言するのは士気が下がるのでやめた方がいい

2022年シーズン阪神の低迷は、やはり矢野監督が開幕前に今年で辞任すると言ってしまったことでしょう。

こういう発言をすると、チーム全体の士気が下がるのは明らかです。

仮に自分の中で決めていたとしても、発表するタイミングは間違えてはいけないというのが、よくわかります。

もう阪神は、すでに2023年シーズンのことを考えている選手やスタッフが多いのでしょうね。

そして、次の監督は誰になるのかも気にしていることでしょう。