「女友達の斎藤さん」という広告に出てくる漫画が結構ヤバかった!

スマホでよく色々なサイトを見ていると、広告が掲載されているのは珍しくないが、中にはこんなのを載せてもいいのというのが増えている気がします。

特に多いのがめちゃコミックのようなインディーズ漫画系のもの。

半分以上はつまらなそうなものなのですが、中には過激なものも!

先日は「女友達の斎藤さん」という漫画の広告が掲載されていたのですが、なぜか気になって覗いてみたら、結構過激な作品でびっくりした。

こんなのを広告で配信していいのかと思いつつも、こういうのが好きな人は多いのだろうなと思いました。

「女友達の斎藤さん」というインディーズ系の漫画がヤバい!

この「女友達の斎藤さん」という漫画、

実際に配信された広告に書かれている絵やキャッチコピーから、完全にアダルト系の作品だなというのはわかりました。

そもそも、fanzaから配信されていることから、そっち系統だというのは杉にわかりますが・・・。

でも、普通のサイトで配信されていたので、まさかこんなのが出てくるわけないと思っていたのですが、実際にのぞいてみたらびっくりです。

 

簡単にいうと、中学生か高校生の男子が幼馴染の女友達の斎藤さんに、色々なパターンで処理をしてもらうもの。

現実でこんなことはあるのかは置いといて、一度くらいはこんな妄想をしていた人は多いのかもしれません(笑)

 

正直、絵はアレですがストーリーが心をそそるもので、良からぬことを思いながらコッソリと読むのでしょうね。

そのせいか、インディーズ作品にしては結構な売上を記録しています。

インディーズ系の漫画は当たり外れが多い

Kindleもそうですし、めちゃコミなど、最近はネット配信の電子書籍で読める漫画が増えています。

いわゆる大手の出版社ではなくインディーズのものが多いですね。

ただ、作品には当たり外れが多く、面白いものもあれば、つまらないものもあります。

過去にサバサバ女のやつや、国民ボタンなど紹介し、意外と人気があるようなのですが、メジャーな人気作品と比べると劣る部分もありますね。

あとは、自分にハマるかどうかですね。

 

今回紹介した「女友達の斎藤さん」は、そっちの話が好きな層には受ける内容だとは思います。