【6/21〜22】amazonプライムデー エントリー受付中!

Fishmansの「Melody」が1990年代の曲と思えないくらい新鮮

Fishmans(フィッシュマンズ)といえば1990年代に活躍した日本のバンドです。

最近は「いかれたBaby」をカバーされる機会が増え、注目されています。

この曲もいいのですが、他にも良い曲がたくさんあります。

そんな中で最近印象的だったのが「Melody」です。

スポンサーリンク

FishmansのMelodyの洗練された感

私自身、Fishmansの曲をそこまでハマっていたわけではなく、それこそ代表曲の「いかれたBaby」くらいしか知りませんでした。

先日、ラジオを聞いていた時にたまたま「Melody」が流れました。

初めて聞いた時、最近リリースされた物なのかなと思いながらも、何となく聞き覚えのあるボーカルでした。

これってもしかしたら佐藤伸治さんが歌ってるのでは?

その後、パーソナリティーから曲紹介があり、やはりFishmanでした。

ということは、この曲は間違いなく1990年代に作られているはず!

これが20年以上前のものとは思えないほど新鮮でした。

 

最初は静かな歌い出しなのですが、途中からどんどんテンションが上がり、終盤にかけてギターとピアノのエッジが鋭くなり、最高潮の盛り上がりで終わります。

いかれたBabyとは雰囲気は正反対ですが、個人的にはMelodyの方が好きかもしれません。

スポンサーリンク

Fishmansが再び再評価される日が来るかな

最近Official髭男dismがヒットしていることで、もしかしたら何となく似た雰囲気のあるFishmansが再注目を浴びているのでしょうか。

20代くらいだと知らない人も多いでしょうけど、髭男が好きならFishmansも好きになるかもしれません。

 

Fishmansは1990年代にボーカルの佐藤伸治さんを中心に、現在は東京スカパラダイスオーケストラのドラウ茂木欣一さん、柏原譲さんなどが在籍していました。

当時はミスチルや小沢健一が人気で、その影に隠れがちではあったものの実力は申し分ないバンドでした。

しかし、1999年3月に中心人物であった佐藤さんが急死、バンドは活動停止を余儀されなくなります。

ほぼ全ての曲を書いていた佐藤さんがいなくなり、あたらしいメロディーを聞くことは叶いませんでした。

 

しかし、その後も茂木さんを中心に定期的にイベントなどを開いており、Fishmansのことを取り上げております。

今でも根強いファンは多く、長くFishmansの曲は語り継がれることでしょう。

もし可能であれば、どこかのタイミングで公式YouTubeチャンネルを開設しMVやライブ映像を流してほしい。

そうすることでFishmansの良さがもっと伝わるので。

 

それにしても佐藤さんもそうですが、hideや尾崎豊さん、フジファブリックの志村正彦さんなど才能あるミュージシャンはなぜ夭折してしまうのか・・・。