日本ハム杉谷拳士への西武ウグイス嬢アナウンスいじりはいつから始まったの?

スポンサーリンク

北海道で野球というと、昔は巨人戦しかやってなかったので巨人ファンが多かったそうです。

でも2003年に日本ハムがやってきてからは、一挙にファイターズファンが増えました。

ファイターズの選手もメディアへの登場機会も増えていますが、そんな中でも異色なのが杉谷拳士選手!

チーム内でもいじられキャラとして定着し、かつては中田翔選手のターゲットになっていたとかいないとか。

特に有名なのが、敵地の西武ドームでのウグイス嬢からの杉谷選手いじりです。

バッティング練習などをしているときのウグイス嬢のアナウンスはよくネタにされています。

このアナウンスいじりは昔から結構長くやっているようなのですが、何がきっかけで始まったのでしょうか。

スポンサーリンク

西武ドームウグイス嬢の杉谷拳士いじり

まずは実際に杉谷選手に対して、どんないじりがされているのかご覧ください。

探すと、こんなのが結構出てきます。

過去には「大泉西中出身の杉谷」とか言われていました。

(大泉西中は東京都練馬区にあり、西武線沿線なので少なからず西武とつながりがある)

 

この杉谷アナウンスいじりは昔からおこなれていましたが、試合前だからいいのですね。

試合中だったらさすがにマズイですが・・・。

杉谷拳士に対する西武ドームウグイス嬢のアナウンスいじりのきっかけは

そもそも杉谷に対するウグイス嬢のアナウンスいじりはどんなきっかけで始まったのでしょう?

きっかけはなんと2015年、その年の7月ごろ、杉谷選手自らから西武ドームのウグイス嬢に「杉谷選手、打撃練習終了です」と言ってくれませんかとお願いしたそうです。

最初はウグイス嬢も躊躇していたそうですが、ものは試しにと9月ごろにアナウンスしたら、本人が非常に喜んでくれたそうです。

そこから、杉谷選手のことを調べるようになり、そのことを盛り込んだアナウンスをするようになったら、じわじわと反響が広まったのです。

今では杉谷選手が西武ドームにいるときには、ウグイス嬢によるアナウンスいじりが名物になっています。

ちなみにウグイス嬢と杉谷選手は面識はなく、打撃練習の後に杉谷選手が「今日もありがとうございます」と挨拶するくらいです。

それが、(バックネット後方の)放送室の「窓越しの関係」としても話題になっています。

ムードメーカーとして野球界を盛り上げようとしている杉谷選手です。

杉谷の2022年は生き残りをかけた真剣勝負

年末年始のとんねるずの特番でおなじみの「リアル野球BAN」。

よくチーム帝京として卒業生の杉谷選手が登場していました。

 

しかし、2022年シーズンにBIGBOSSこと新庄剛志監督が就任してからは、バラエティ番組の出演を禁止され、野球に打ち込むことになりました。

確かに今のままだと1軍に定着できるかどうかの瀬戸際におり、まさに崖っぷち!

2022年シーズンに結果を出さないと次がありません。

杉谷選手もそれがわかっているからこそ、今まで以上に野球に打ち込んでいるようです。

もしかすると西武球場でのアナウンスも聞けなくなるのか?

それよりも今は杉谷選手が試合で活躍するのを応援するのが良いのかなと思います。