コルク半というヘルメットは違法ではないのか調べた結果

スポンサーリンク

この画像に写っている、いわゆる野球帽(キャップ)のツバがついたようなタイプのヘルメット。

昔から暴走族やチャラいヤンキーが原付バイク(原チャリ)を乗る時にかぶっているイメージがあります。

こんなもの過去の話かと思っていたのですが、今の時代でも被ってイキっている奴らがいたのですね。

ちなみにこのタイプのヘルメットが「コルク半」と呼ばれていることを、つい最近知りました。

でも、頭を防御するというヘルメット本来の機能を考えると安全な気がしないのですが、このタイプのものって違反にはならないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

暴走族やヤンキー愛用のヘルメットが「コルク半」と呼ばれる由来は

おそらく、ほとんどの方が「コルク狩り」とか「コルク半」って何のことと思ったに違いありません。

そういう界隈に興味がなければ尚更、別にさほどかっこいいとも思えない野球帽のようなヘルメットがなぜ「コルク半」と呼ばれているのか?

 

実はこのヘルメットの内側にある緩衝材がコルクで出来ていることに由来するようです。

また、フルフェイスではなく、ちょうど半球の形状をしているので、いつの間にかコルク半と呼ばれるようになったようです。

(半キャップと呼ばれることもあるようです)

 

そしてコルク半は暴走族などのシンボルのようになっており、いわゆる自分たちの縄張りでこのヘルメットをかぶるのならば金を払えというのが今回注目された事件のきっかけになったようです。

上納金を払えなんて、暴力団が所場代を払えを脅しているのと変わりないですね。

まあ昔からこんなことはあったのでしょうが、バカバカしいし面倒くさい話ですね。

 

「コルク半」は道交法で違反にはならないのか?

今でも暴走族やヤンキーのシンボル的存在であるコルク半ですが、そもそもこのタイプのヘルメットって道路交通法で許可されているのでしょうか?

調べてみると、ヘルメットについては頭の何%を覆わなくてはいけないなど細かい規定はありません。

日本ではSG、JIS、PSGと言う規格に合格した物以外を身に付けることが出来ません。

コルク半のヘルメットについても、これらのマークがついている物であればOKと言うことです。

実際に販売されているコルク半のヘルメットは規格に合格した物ですので、道路交通法に違反しているわけではありません。

なお、しっかりかぶってアゴ部分のベルトをしっかりつけるのが原則で、アミダ被り、半被りなどは違反です。

スポンサーリンク

 

「コルク半」はネット通販でも普通に購入できる

かっこいいか悪いかは別として、コルク半と言われるヘルメットは現在のところ違法ではありません。

その証拠に、専門のショップで販売されておりますし、ネット通販でも購入することが可能です。

原付であれば、これくらい軽いタイプのものが扱いやすい気がしますが、変な輩に目をつけられるのは面倒ですので、どうしても被るのであれば気をつけた方が良いかもしれません。

 

逆にツバがなく手に入れゴーグルがついたこんなタイプならかっこいいかもしれません。