ゲオでCD買い取りが終了!残るはブックオフや専門店などごくわずかに

スポンサーリンク

ネットの普及とサブスクリプションサービスが増えたことから、音楽CDが売れなくなっております。

今はネットでダウンロードするかサブスクのサービスが主流、さらにYouTubeでもMVと共に再生ができます。

スマホ1つあればすぐに手に入れることができ、かつ低価格であることから、CD離れも仕方がないのかもしれません。

それに関連して、古本などを扱う大手ショップの中には、CDの買い取りを終了するところも。

ネットオフは少し前に終了し、さらにゲオも2022年9月末で買い取りをやめるとの情報が出て、ちょっとした騒ぎとなっております。

スポンサーリンク

ゲオやネットオフでCDの買取が終了!もはや価値がなくなってしまっているのか

新作のCDが売れなくなっているので、当然中古品も売れなくなってしまいます。

CDを買い取っても、それが売れなくなっているので店側としては在庫が増える一方です。

多分、投げ売りしても減らない状況になっているのでしょう。

これもある意味仕方がないのでしょうか。

 

すでにネットオフでは買い取りを終了しており、それに続きゲオ(GEO)も取り扱いを止めることになるとは。

いずれ在庫として残っている中古CDもバーゲンセールで片付けて在庫を0にしたいのでしょう。

CDの買取ができるのはブックオフや一部専門店だけ

ゲオがCD買い取りをやめてしまうと、あとはどこで取り扱いがあるのでしょう。

大手で残っているのはブックオフ(BOOKOFF) くらいではないでしょうか。

実店舗と宅配買い取りと、どちらもやっております。

ブックオフな比較的多くの店があるので、もし今のうちに家で眠っているCDを片付けたい場合は、いちばん訪れやすいところではないでしょうか。

 

あとは音楽専門のショップとしてディスクユニオン(disk union)くらいでしょうか。

こちらも店舗と宅配でCDの買い取りをしております。

 

あとは地元の古本屋などの様な個人商店か、eあきんどなどのような宅配専門の買い取り店くらいではないでしょうか。

 

いずれにしても、今後CDの買い取りをする企業は減ると思われますので、手元にあるものを片付けたいのであれば、早いうちに手を打つのが良いでしょう。

CHECK!>> 【本・CD・DVD・ゲーム買取強化中】ブックオフのネット宅配買取サービス