膣カンジタの再発の防止には乳酸菌が良いといわれている理由

発症してしまうと膣のかゆみや痛みに悩まされてしまう膣カンジタ症。

根本的に治すには、泌尿器科などで診察してもらうお薬をもらうのが間違いありません。

市販薬もありますが、症状に合わせてお医者さんに薬を出したもらうのが確実です。

 

そして、大事なのが治った後の予防方法。

これ以上痒かったり痛い思いをしたくありません。

清潔にするのは当然として、重要なのが体の免疫力をあげることです。

免疫力をあげるには乳酸菌がオススメです。

膣カンジタの予防・再発防止になぜ乳酸菌がオススメなのか?

>>「乳酸菌ライフ」詳細はこちら

 

膣カンジタの再発防止・予防に乳酸菌がオススメの理由

冒頭で膣カンジタの再発防止・予防に乳酸菌が効果があると説明しましたが、なぜなのでしょうか?

それは膣カンジタ症にかかる最大の原因は体の免疫力が下がることなのです。

 

日常の生活や仕事において「疲れ」「ストレス」が溜まると腸内の善玉菌が減り、働きも低下してしまいます。

そうなると、普段はじっとしたままのカンジタ菌の活動が活発になり、膣のかゆみや痛みを引き起こしてしまうのです。

カンジタ菌というのは全ての女性の膣内に存在している常在菌と言われる菌の1つです。

心身ともに健康な状態であれば何も問題ないのですが、体調を崩したりして免疫力が低下すると悪さをしてしまうのです。

カンジタ菌を消毒して膣から消してしまうということはできないため、予防方法としては免疫力をつけるしかないのです。

免疫力をつける一番の方法は腸内環境を改善することで、乳酸菌などの善玉菌を増やしてあげることなのです。

乳酸菌を摂るには、ヨーグルトなどを食べる、乳酸菌が含まれているサプリがオススメ。

なお、膣カンジタなど女性向けの成分を配合している専用サプリも出ていますので試してみるのも良いでしょう。

>>「乳酸菌ライフ」詳細はこちら

 

その他、膣カンジタの予防・再発防止のために気をつけたいこと

なお、膣カンジタを予防し再発を防止するために、腸内環境を改善して免疫力をあげるほかにも、次のようなことに注意すると良いでしょう。

  • 体を締め付ける衣類を避ける
    タイトなボトムスやガードル、下着、タイツ、ストッキングなどは、ムレた状態を引き起こしやすくなるので注意が必要です。
  • ナプキンをこまめに交換する
    生理期間中はとくにムレやすくなるため、ナプキンやタンポンをこまめに交換しましょう。おりものシートも同様です。
  • 通気性のよい下着を選ぶ
    綿素材など通気性に優れた下着を選ぶことが大切です。また、入浴や水泳などで濡れた場合は、十分に乾かしてから下着をつけるようにしましょう。
  • 洗いすぎに注意する
    ボディ用の石けんなどを使うと刺激が強すぎるため、ゴシゴシこすらないように注意しながらぬるま湯でやさしく洗い流します。
  • かゆいからと皮膚をかかない
    かゆいからと外陰部をかくと、感染が広がるおそれがあるため注意します。
  • バランスのよい食生活を心がける
    糖尿病になると膣カンジダを発症しやすくなるため、甘いものや糖質のとりすぎを控え、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。

ロート製薬株式会社のサイトより引用>

 

なお、膣カンジダという名前からを性病(性感染症)としてみられることも多く、恥ずかしさなどから病院へいくのをためらってしまうこともあるかもしれません。

しかしカンジタ菌は健康な人にも存在する常在菌であり、性行為以外が原因となって発症するケースのほうが多いです。

ですので、もし発症してしまった場合は、出来るだけ病院で診察を受けて治療するのが一番です。

 

なお、膣カンジタ症は再発しやすいため、大事なのは治療が終わった後です。

膣を清潔にすることはもちろん、疲れを残さないよう体のケアをし、免疫力を高めるために乳酸菌などを摂取して予防に努めるようにしましょう。

女性向けに効果がある成分が含まれた乳酸菌ライブなどの専用サプリもありますので、利用してみるのも良いかもしれません。

>>「乳酸菌ライフ」詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました