舞台「千と千尋の神隠し」のポスターが上白石萌音だと全然わからなかった件

街を歩いていると、2022年に上演される舞台「千と千尋の神隠し」のポスターが貼られているのに気づきました。

私が住んでいる地域は右側の青が背景のものでした。

左側は見たことがないのですが、これは橋本環奈さんだというのはわかりました。

しかし右側の人物が誰なのかが、パッと見て全然わかりません。

遠目で見ているので、ポスターに書いてある文字も読めず、ずっと疑問でした。

気になって家で調べてみたら、まさか今勢いの乗っているあの女優だということがわかり、さらにびっくりしました。

スポンサーリンク

舞台「千と千尋の神隠し」の主演が誰だか全然わからなかった件

「千と千尋の神隠し」といえば、説明する必要もないですがスタジオジブリの映画で、2001年の公開当時は超がつく大ヒットでした。

あの世界観はアニメだからできるのかと思っていたのですが、まさか舞台化するとは思い切ったことをしたものです。

この舞台はスタジオジブリも協力していますので、宮崎駿さんのお墨付きであります。

 

これだけの作品ですので、誰が主人公の千尋をやるのか注目されます。

選ばれたのは橋本環奈さんと上白石萌音さんのダブルキャストです。

2人とも若手では実力派なのでおそらく妥当な選出なのでしょう。

(中にはゴリ押しだという声もありそうですが)

 

そして、上演に向けてポスターも制作され、いろいろなところに貼られているわけですが、青い方がパッとみて誰なのか全くわかりませんでした。

調べてみたら、これが上白石萌音さんだということがわかり、普段のイメージとは全然違い、それで気づかなかったのでしょう。

おそらくドラマなどをよくみる方や、上白石萌音さんのファンであればすぐ分かったのでしょうが、一般層からすると言われないとわかりませんね、多分。

逆にいうと、しっかり役に入り込んでいるということなので、そういう意味では、さすが上白石萌音と言えるかもしれません。

舞台「千と千尋の神隠し」は映画ほどの盛り上がりはない模様

今回の舞台「千と千尋の神隠し」はスタジオジブリと日本テレビも関わっています。

年末年始の特番などで主演の橋本環奈さんと上白石萌音さん、さらには夏木マリさんまで番宣に出ています。

また、映画も金曜ロードショーで放送され、舞台が始まるまでのお膳立ては十分か?

 

しかし、世間からすると、さほど話題になっていない感じがします。

こういうものはテレビを普段見ていなくても、話題になっていればWebやSNSで盛り上がるのですが、今のところは反応はあまりありません。

初回公演が2022年3月で、まだ時間もあるので、始まることに盛り上がり始まるのかもしれませんね。

 

今の調子だと舞台は大コケする可能性があるので、今後日テレも必死になって巻き替えを図り、なりふり構わず番宣を差し込んでくるかもしれませんね。

もしかするともう1回くらい映画を放送したりして。

その時にはラピュタの「バルス」のような盛り上がるネタがあればいいのですが、千尋はその点は弱いのかな・・・。

 

あとは上演期間中に日テレ系のワイドショーなどで、これでもかというくらい取り上げて、橋本環奈さんと上白石萌音さんの演技を絶賛するコメンテーターの姿が容易に想像できますね。