手遅れになる前に!おっぱいが垂れるのを食い止めるための対策

歳をとると、どうしても胸(おっぱい)のハリがなく垂れてきたような気がしませんか?

若いことは結構いい形だったのに、なんか上部もそげはじめているように見えてしまいます。

やはり老化してしまうと重力に逆らえず垂れていく一方なのでしょうか。

 

一度胸が垂れ始めると、なかなか元に戻るのは正直難しいです。

しかし、バストケアをすれば、これ以上、乳垂れや胸が広がるらないようにすることは可能です。

早ければ早いほど効果もアップします。

 

具体的には、女性ホルモンを活性化させるような食べ物を多くとったり、胸を鍛えるための筋トレをするなどの方法があります。

その中でも最も効果的なのは、バストケアに合ったブラを身につけることです。

今回はバストが垂れてしまう原因と、防ぐためのバストケア方法について取り上げていきます。

 

CHECK!>> 昼夜兼用のバストケアができる加圧ブラ「Vanilla Moriage加圧ブラ」詳しくはこちら

 

スポンサーリンク

なぜおっぱいは垂れてしまうのか?

年齢を重ねると、体の衰えによる胸(おっぱい)の垂れを防ぐことはできません。

しかし、原因はそれだけではありません。

加齢以外にも様々な理由で胸にハリがなくなってしまうのです。

主な理由は以下の通りです。

  • 出産・授乳による影響
  • クーパー靭帯が伸びてしまう
  • 猫背など姿勢の悪さ
  • ブラジャーのサイズがあっていない
  • 女性ホルモンの減少・生活習慣の乱れ
  • ダイエットの影響

それぞれの理由は次のようになります。

 

出産・授乳による影響

1つ目は出産や授乳による影響です。

妊娠中から授乳を終えるまでは約1〜2年あフローフが、この時期にバストのサイズが急激に大きくなります。

その影響で、胸の皮膚が断裂するほどの負担がかかってしまいます。

特に出産後は授乳のため乳腺が発達し大きくなるのですが、卒乳すると母乳を作る必要がなくなるため、しぼんでしまうのです。

この時に伸び切った皮膚が元に戻ることができずに、シワやたるみが残ってしまうことがあるのです。

 

クーパー靭帯が伸びてしまう

クーパー靭帯とは皮膚と胸を支える靭帯で、乳腺や脂肪を大胸筋とつないでます。

とても強い靭帯ですので少々のことでは伸びたり切れたりすることはありません。

しかし、

  • 出産で急激に胸が大きくなる
  • 胸が大きく揺れるぐらいのハードなスポーツ・トレーニング
  • 激しいマッサージなど

が原因でクーパー靭帯が伸びたり切れてしまうこともあります。

 

猫背など姿勢の悪さ

特に猫背の場合、胸の垂れる原因になることが多いです。

最近は、スマートフォンやパソコンを見ることも増え、座る姿勢が悪いと猫背になりやすいです。

姿勢が悪いと、胸の筋肉につながる血管が圧迫されバストへの血流が悪くなり、バストへ行き渡る栄養分も十分に送られなくなります。

また、猫背の状態が続くと、胸の筋肉が衰え、胸全体のハリが失われしまうことでパストが下垂していくのです。

 

ブラジャーのサイズがあっていない

そして、ブラのサイズがあっていないことも垂れる原因です。

小さいサイズだとブラが胸を圧迫し、皮膚や内部の組織を傷め、血行不良の原因にもなります。

逆にブラが大きいと、すき間ができ胸をしっかりホールドできずクーパー靭帯に負担がかかってしまいます。

また、カップ付きキャミソールやノンワイヤーブラ等、つけ心地が楽なインナーや、寝るときにノーブラの場合も要注意です。

バストの脂肪が横に流れ、うまくホールドできず形が崩れやすくなるのです。

 

女性ホルモンの減少・生活習慣の乱れ

これは加齢の影響もあるので避けられない面もありますが、女性ホルモンの影響によって胸の形なども変化してしまうのです。

胸を構成する組織の一つである乳腺はエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの影響を受けて発達します。

しかし、エストロゲンの分泌量は加齢に伴って少しずつに減少し乳腺も萎縮します。

そうなると、胸の大部分は脂肪になりますが、やわらかいため形が崩れやすく、重力に負け垂れてしまうのです。

さらに、睡眠不足・偏った食事が原因でエストロゲンがうまく分泌されなくなるとで胸のたるみが加速する恐れもあります。

女性ホルモン以外にも、胸全体を覆う皮膚にやわらかさやハリがなくなると支える力が弱くなります。

湿度が低い時期に、乾燥肌や加齢で肌のハリが失われてきていると、保湿をしないと垂れやすくなります。

 

ダイエットの影響

ダイエットが原因で胸が垂れることもあります。

痩せるということは脂肪が減ることが多いので、特に脂肪が多い胸は小さくなりやすいのです。

特に、食事制限中心のダイエットで運動をしないと、必要な栄養が取れず筋肉も衰えます。

その影響で、胸の脂肪分と筋肉が減るものの、皮膚のサイズはそのまま残ります。

そうなると、しぼんだ胸になってしまう恐れがあるのです。

 

垂れたおっぱいを元に戻す方法は?

一度垂れてしまった胸(おっぱい)を、なんとか元の形に戻す方法はないものでしょうか。

冒頭でも触れておりますが、基本的には元に戻すのは難しいです。

特にクーパー靭帯が伸びてしまったら元に戻るのは非常に厳しいです。

(それこそ美容外科で豊胸などする必要あり)

皮膚のハリが失われている場合は、ボディクリームなどで保湿すれば、多少変化するかもしれませんが、劇的な改善は難しいでしょう。

 

しかし、これ以上の胸の垂れ・しぼみ・横の広がりを予防し、今の形をなるべく保つ方法はあります

その方法は、

  • 正しいブラ選び
  • 胸を維持するエクササイズ(運動)
  • 生活習慣の見直し

その中でも最も大事になってくるのが下着選びです。

 

正しいブラ選び

胸を今の形に保つためには、何と言ってもブラ選びが大事です。

チェックするのはサイズが合っているものを使っているかです。

また、生活のシチュエーション(目的)によってつけ分けるのも好ましいです。

 

自分に合ったサイズのブラジャー

ブラジャーのサイズが合っていないことは、胸が垂れる原因になリます。

バスト上部がスカスカだったり、背中に食いこんだりなど体に合っていないと、脂肪が横に流れたり落ちたりして形を悪くします。

また、同じサイズでも何年も経つと、いつの間にか合わなくなっていることもあります。

特に、しばらくサイズを見直していないならば、しっかり測りなおし、ぴったり合ったブラジャーを着けるようにしてください。

なお、締めつけ感の少ないカップ付きのキャミソールやノンワイヤーブラなどは通常と違い、胸のホールド力が弱いので控えた方が良いです。

 

目的に応じてブラジャーを選ぶ

日常生活においては、いつものブラをつければ良いですが、運動するときや寝るときなどには、それに合ったものをつけると良いです。

激しい運動をするときは、揺れることでクーパー靭帯が損傷しやすくなるので、通常のブラジャーよりバストサポート力に優れたスポーツブラをするようにしましょう。

妊娠中から産後にかけては胸の大きさが急激に変化しますので、締めつけ感が少なくともしっかりホールドしてくれる授乳ブラを使うと良いです。

そして、睡眠時にはナイトブラをつけると良いでしょう。

睡眠時にブラをつけていないと、姿勢や寝返りで胸が動き形が安定しません。

寝ている時にも胸の動きを少なくするためにつけると良いでしょう。

 

最近は日中と睡眠時などどちらにも使える加圧ブラのような下着も出ておりますので、試してみるのも良いでしょう。

 

CHECK!>> 理想的なバストアップ&美乳維持を実現し、24時間可愛く胸をキープします!

 

胸を維持するエクササイズ(運動)

胸を支える筋肉を鍛える筋トレも有効です。

胸の重みを支える筋肉を鍛えるのは効果があります。

筋トレといってもハードなものではなく、手軽で簡単なものですので、空いた時間でチャレンジしてみましょう。

合掌のポーズ

姿勢を良くし、胸の前で手の平を合わせます。

しっかり呼吸をしながら、手の平を15秒ほど押し合います。

手の付け根を押し合うようにするのがポイント。

5回を1日3セットを目安にしてみてください。

 

ひざ立て腕立て伏せ

ひざを立てて、肩幅より広めに腕を開いて床に手をつきます。

こ正面から見て腕が逆Vの字になっているのが理想です。

その体勢からゆっくりひじを曲げてカラダを下ろし、ゆっくりと元の位置に戻しましょう。

初めは1~2日おきに15回を2〜3セット、慣れてきたら回数を増やすと良いでしょう。

 

生活習慣の見直し

毎日の生活習慣の見直しも、胸が垂れるのを防ぐことにつながります。

以下のような点に注意しましょう。

 

姿勢を意識する

猫背は胸の筋肉の血流が悪くなります。

姿勢を良くするだけでも胸を張ることになりますのが、形が良く見えます。

背中が丸くなっていないか常に意識するようにしましょう。

 

身体が冷やさない

血行を良くするには身体を冷やさないことも大事です。

特に女性は冷え性の人が多いので注意したいですね。

  • 寒い時は薄着をしない
  • 冷たいものばかり食べたり飲んだりしない
  • 適度な運動をして代謝を上げる

この点を気をつけるだけでも、冷えを防ぐことができます。

 

うつぶせで寝ない

うつぶせで寝るのは、胸のためには良くありません。

胸の組織を押しつぶし、クーパー靭帯を傷めてしまいます。

仰向けか横向きで寝るようにしましょう。

また、ナイトブラもつけておくと良いです。

 

女性ホルモンを増やす生活習慣

女性ホルモンが減ってくると、バストのハリが失われ胸が垂れる原因になります。

どうしても加齢により女性ホルモンの分泌は減ってしまいますが、生活習慣を見直することである程度防ぐことは可能です。

  • 栄養バランスの取れた食事
  • 質の良い睡眠
  • ストレスを溜めない

といった点に気をつけてみましょう。

また、女性ホルモンの分泌を増やすのに大豆イソフラボンが有効です。

豆乳や納豆などの大豆製品をたっぷり食べると良いです。

 

おっぱいの垂れを防ぐには正しいケアを

以上、胸が垂れてしまう原因と、それを防ぐ方法について取り上げました。

加齢による変化、垂れてしまったものを元に戻るのは難しいですが、今の形をキープする方法はあります。

  • 正しいブラ選び
  • 胸を維持するエクササイズ(運動)
  • 生活習慣の見直し

この3つがポイントです。

 

その中でも、特にブラ選びは重要です。

  • 自分に合ったサイズのブラジャー
  • 目的に応じてブラジャーを選ぶ

 

特に睡眠時には寝返りなどで胸が動くのを防ぐためにナイトブラをつけるのがオススメです。

最近は日中にも美乳を保ちナイトブラとしても使える加圧ブラが注目を集めております。

30代40代であれば、早い段階で対策をとることで幾つになっても美しい胸をキープできますよ!

 

CHECK!>> 「Vanilla Moriage加圧ブラ」詳しくはこちら