BLACKPINKが日本では大したブームにならない理由

スポンサーリンク

韓国の音楽シーンでは、BTSが世界的にヒットしたのは良く知られた話です。

少し前にはPSYが江南スタイルで一発屋ではあるもののブームに。

ここ最近では女性グループのBLACKPINKが全米でヒットを飛ばしていますが、正直なところ日本ではあまり話題になっておりません。

BLACKPINKはなぜ日本では注目されないのでしょう?

スポンサーリンク

BLACKPINKが日本では話題にならない理由

BLACKPINKは全米などではヒットを出しており、2年連続MTVで賞を取るなと実績を残しています。

おそらく何も知らずにBLACKPINKの曲を聴いたら、欧米のヒップポップ系のミュージシャンなのかなと思うかもしれません。

で、実際に調べると実は韓国の女性4人組のグループなのです。

 

最近は韓国のミュージシャンが全米でヒットを出していることが多く、BTSのブームは日本でも話題になりました。

でも、同じように全米で活躍するBLACKPINKに関しては日本ではあまり取り上げられません。

日本で話題にならないのはなぜなのでしょう。

 

考えられる理由としては大きく2つ。

  • 日本では海外の音楽シーンが以前より話題にならない
  • BTSなどのように日本向けの楽曲がなく馴染みが薄い

 

昔はそれこそ80年代や90年代はヒットチャートに海外の楽曲が多くあり話題にもなりました。

でも最近は日本国内のでジャンルが多様化し、ミュージシャンも増え、良質な楽曲も多く、海外の曲を聴く機会が減っています。

国内だけで需要が満たされていますし、何よりも日本語で歌っているので、歌詞がわからない英語を聞こうと思わなくなっているのかもしれません。

とはいえ、今でも海外のヒット曲は日本でも流行りますので、これだけが理由とはいえません。

 

もう1つ考えられる理由というのは、BLACKPINKが日本ではあまりにも馴染みが薄いからです。

BTSの場合、防弾少年団を名乗っていたときは日本でも積極的にキャンペーンをしており、日本語の歌も積極的に歌っていました。

そういう活動が身を結び、日本で根強いファン(Army)も多く、全米でヒットした時も当然話題になりました。

BTS以外でも韓国のアーティストは日本で独自のキャンペーンや曲を歌うことが多く、ファンを獲得しているケースが多いです。

ところが、BLACKPINKは日本でそういう活動をしておらず、単に海外で活躍している1アーティストとしか見られておりません。

日本向け独自の活動をしていないことで、ブームになりにくいのでしょう。

新曲などを出せば、このようにキャンペーンをしているようですが、やはり日本にとっては馴染みが薄いため、テレビやラジオなどで取り上げられることも少ないのが実情です。

日本ではTWICEの方が人気があるのかも

現在の日本で有名な韓国の女性アーティストといえば、やはりTWICEになるのでしょう。

(NiziUについてはプロデューサーが韓国人なので少し違うのかな)

TWICEは他の韓国のアーティストと同じく、日本で積極的に活動し、日本語の曲も多いので、人気が高いです。

やはり、どうしても身近なアーティストの方が応援したくなるので、遠い地で活躍しているBLACKPINKについては、日本から見たら大して思い入れもないのでしょう。

 

今のBLACKPINKは全米で大成功しているので、無理して日本で独自の活動をする必要もないので、しばらくは海外を拠点にやっていくのかなと思われます。

もし全米などで人気が下向きになったら、もしかすると日本での活動も視野に入れるかもしれないですけど。