VOGUEやELLEのわき毛解放議論!個人の自由だけど湿度が高い日本では・・・

先日、ファッション誌ELLEやVOGUEでわき毛を処理しない女性モデルが表紙に登場して話題になりました。

わき毛は処理するものという常識に疑問を投げかけるものとして、SNSなどを中心に話題になっております。

年齢や性別を問わず、わき毛などの体毛を処理するかしないかは個人の自由で良いと思いますが・・・。

スポンサーリンク

海外では脇毛などのムダ毛を処理しないのがトレンドなのか?

海外ではわき毛を剃らないモデルが徐々に登場しているようです。

中にはわき毛だけではなく、おへそ周りの毛(ギャランドゥ)もそのままにしているというケースも!

 

これがSDGsなどに関連があるのかどうかはわかりません。

ただ、こういうのが徐々に受け入れられているというのは悪いことではないでしょう。

これで今まで苦しんでいた人々もいたのですから。

ムダ毛を処理するかしないかは個人の自由という風潮が広まるといいのかなと。

わき毛の処理は見た目もそうだけど臭いなどの問題もあるので・・・

海外ではわき毛を処理しない女性モデルも徐々に登場しているようですが、日本ではなかなか難しいようです。

どうしても日本ではムダ毛に関して不快なイメージが強いからかもしれません。

欧米人と比較すると日本人など東洋系は毛の色が黒なのでムダ毛が目立ってしまうのですよね。

あとは毛が硬いのでボサボサになりやすい!

以上のことを考えると日本ではムダ毛をそのままにというのは、まだまだ難しいかもしれません。

 

あとは個人的にわき毛が伸ばしていると、特に夏などは汗で蒸れてしまい、しっかり洗わないと臭いなども残ってしまいます。

下手すると汗などがわき毛にこびりついて塊のようになり、臭いがすごいことになります。

そこでわき毛を処理してツルツルにすると、洗うのも簡単で臭いもつきにくいのです。

なので個人的にもわき毛は不快感をなくすために処理しています。

こういうこともあるため男性でもわき毛を処理するケースが多いようです。

 

日本では見た目以外にも夏が高温で湿度が高いため、わき毛などのムダ毛が邪魔になることがあります。

しばらくは日本ではわき毛を伸ばしたままにするには、まだ世間に受け入れられにくいかもしれませんね。