アルツブロックは副作用の心配はないのか?|成分などを元に検証

最近物忘れが多くなった、年齢も年齢なので自分が痴呆やアルツハイマーなどにかかるのが心配。

なるべく頭を使うようにしたり、動くようにしたり、食事にも気をつけるようにはしているけど、それだけ大丈夫なのか?

最近は「アルツブロック」など専用のサプリなども出ており、補助的に服用しているかたも増えております。

でも、すでに薬もたくさん飲んでるし、体に馴染まず副作用なども気になります。

そこで、ここでは「アルツブロック」の副作用など気になる点を確認しました。

CHECK!>> ひらめく人生をサポート!アルツブロック【初回無料】

 

アルツブロックの副作用やアレルギーは問題ないのか?

まずは、アルツブロックに含まれている成分を確認します。

精製魚油、卵黄油、リン脂質、イチョウ葉エキス末、ヤマブシタケエキス、乳タンパク、ブドウ抽出物 / ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、L-アルギニン、L-チロシン、酸化防止剤(フェルラ酸)、カラメル色素、VB6、VB1、VB12、葉酸、VD3(原材料の一部に乳、卵、大豆、ゼラチンを含む)

なんか色々書いてありますが、わかりにくいですね。

アルツブロックは薬ではなくサプリメントに当たりますので、原則、食品に分類されます。

基本的には副作用を引き起こすようなものは入ってませんので、心配する必要はりません。

 

もし気をつけるのであれば、食品アレルギーを持っているかどうかです。

アルツブロックには、イチョウ葉、青魚、大豆、乳、ブタの成分が含まれてますにので、これらのアレルギーのある方は控えるようメーカーからも注意喚起が出ております。

 

では、いつも飲んでいる薬と一緒に服用しても良いのでしょうか?

基本的には問題ありませんが、飲んでいる薬の成分との相性が一般的な食品と合わない場合もあります。

その場合は、後述する窓口に一度相談してみると良いでしょう。

 

アルツブロックが大丈夫なのか心配ならば薬剤師の相談窓口へ

以上、アルツブロックは基本的には副作用の心配はないと説明はしましたが、それでも気になる問題があるかもしれません。

特にいつも飲んでいる薬との相性、入っている成分がどんなものなのかなど。

 

そのような疑問に応えるため、アルツブロックを製造・販売している東京製薬では薬剤師による相談窓口があります。

お薬の専門家である薬剤師が、心配していることを丁寧に回答してもらえます。

相談方法は電話かメールになります。

  • 電話:0120-0171-65(お客様センター)
    (薬剤師への相談希望と伝えると、折り返し連絡があります)
  • メール:こちらのお問い合わせフォームから

電話は8:00〜21:00、年中無休で受付しております。

 

疑問点を質問して、納得した上で試すことができるので安心です。

なお、公式販売ページからの申込は、初回の1袋は無料で試すことができます。

メーカーの真摯な姿勢が伝わってきますね。

CHECK!>> アルツブロック【初回無料】詳細はこちら