楽天やAmazonで飛沫防止パーテーションの売り上げが伸びてる模様

スポンサーリンク

2020年は新型コロナウイルスの影響で日常生活も大きく様変わりしています。

特に買物に行った際、レジやカウンターには飛沫を防止するための衝立や透明のシートが設置されてるのが当たり前になりました。

初めのことは違和感がありましたが、慣れてくると、これが当たり前の風景になってきました。

 

初めの頃は、急いで用意したので、透明なシートを天井から吊り下げただけの、見た目もちょっとショボイ感じでした。

しかし、徐々にしっかりしたものに取り替えられ、透明なアクリル製のしっかりしたものになっております。

 

おそらくメーカーの方でも需要が増え、アクリル製のパーテーションが売られるようになっております。

 

スポンサーリンク

楽天やAmazonなどでも飛沫防止のパーテーションの売り上げが伸びている

飛沫防止のパーテーション類は、基本的には会社での需要が増えており、売れているようです。

企業の場合ですと、付き合いのある取引先から購入するケースが多いと思われます。

しかし、出来るだけコストを削りたい会社などは1円でも安いものを探しているようで、ネット通販も積極的に利用しております。

そのせいか、アスクルなどだけではなく、楽天やAmazonなどからも購入している会社もあるようです。

 

楽天のランクでも上位に入るくらい人気商品になりつつあります。

サイズによって異なりますが、安いものだと3,000円台から購入できるので、企業からしたら大量購入にちょうどいいですね。

 

スポンサーリンク

 

飛沫防止パーテーションはサイズによっては自宅で使うことも増えそう

基本的に飛沫防止パーテーションはこれらのような用途で使われることが多いでしょう。

基本的には職場や飲食店などが中心です。

しかし、場合によっては家庭でも十分に使えそうです。

 

新型コロナウイルスは家族同士でも感染には気をつけなくてはいけません。

例えば受験生がいる家庭などは、念には念を入れて設置してもいいかもしれません。

その他にも様々なケースで使えそうです。

例えば郵便や宅配などで自宅を訪れる配達員の方と対応するために玄関に設置するという使い方もアリかもしれません。

 

自宅にまで飛沫防止対策をするのは大袈裟に思われるかもしれません。

でも、新型コロナウイルスがなかなか終息しない状況では、いずれ自宅でもそういう対策をしなくてはいけなくなるかもしれません。

特に家族に感染させてはいけないのであれば、設置を検討した方がいいという声が上がるのも不思議ではありません。

 

本当はパーテーションなんか使わず安心して人と接することができるのが1番いいのですけどね。

早く新型コロナウイルスが終息する日がきて欲しいものです。