いびき対策マウスピースのオススメは「ズィークワイエット」

 

スアホアプリで睡眠中の自分のいびきや寝言を録音できるものがあるらしいのですが、実際にやろうと思っても恥ずかしくで出来ない管理人のきたかぐら(@kita_kagura)です。

 

ただでさえ録音された自分の声が嫌いなのに、寝言やいびきなんてとんでもないですね!

 

スポンサードリンク

いびきの悩みを解消するにも痛いのは嫌!

自分で聞く聞かないは別として、同居人はいびきや寝言に悩まされているというケースは多いのでは!

それに、いびきは健康上もよくないと言われておりますね。

 

そもそもいびきとは、下顎が下がり舌根が喉奥に落ち込み気道が狭くなると、空気の通りが悪くなり振動することで発せされる音なのです。

つまり正常な呼吸ができていないということにもなり、睡眠の質にも影響を及ぼしてしまうのです。

そのため、いびきを解消するグッズ・アイテムというのは多く出されておりますが、最近見かけるのはこれです。

 

 

そう、管を鼻に入れる「ナステント」!

こんなのを鼻に入れるなんて、考えるだけでも痛そうですね。

それに違和感があって落ち着いて眠れそうもありません。

 

実際には、管はとても柔らかく、予想よりも痛みはないそうですが、やはり無理です(笑)

 

痛くないいびき対策なら専用のマウスピースが吉!

でも、いびき対策は別に鼻に管を入れるだけではありません。

次のようなマウスピースのようなアイテムもあるのです!

 

 

これなら口に入れて噛むだけですので、痛くはないですね!

多分飲み込むなんてこともないでしょう!

 

この商品は「ズィークワイエット」というマウスピース型のいびき対策グッズです!

 

型取り不要!つけたままでも水も飲める!

さて、こちらのマウスピース「ズィークワイエット」、使い方は簡単です!

 

本品を口にくわえ、上下を歯に被せ、下顎を動かして調整すれば完了です。

素材も柔らかく、装着時の違和感を抑えます。

一般的にマウスピースは歯型の型取りが必要なものが多いのですが、このアイテムは歯型を取流必要がありません!

歯型を取らなくても、驚くほど口の中でフィットしますよ。

 

さらに、こちらのマウスピースは装着したまま話すことができ、水を飲むこともできるのです。

なので、寝る少し前に装着した後でも安心です!

これならば痛い思いをすることなく、しかもつけても違和感が少ないのであれば、安心しておすすめできますね。

 

 

いびきというのは、その音の不快感もありますが、健康の上でもできるだけ避けたいものです。

その点を強調して同居人にオススメすれば、本人も納得することでしょう!

 

タイトルとURLをコピーしました