オフィスや自宅に置いても違和感がないバランスボール「ファブリックシーティングボール」

スポンサードリンク

 

仕事で使っているイス(チェア)が硬いので、やっはり座りごごちがよく、時折リラックスできるものが欲しいなあと思っている管理人のきたかぐら(@kita_kagura)です。

 

最近はオフィスのチェアも様変わりしましたね。

一般的によくあるオフィスチェアではなく、健康促進のためにバランスボールを使っているケースも見られます。

 

そうそう、このツルツルしたやつです。

 

一時期、姿勢を良くするためのこんなバランスチェなんてものもありますが、これはあまり見かけないですね。

(売っているみたいですが・・・)

 

バランスボールはいいけど、オフィスインテリアには違和感が・・・

バランスボールを使って座る行為は、姿勢を良くし、体幹を鍛えるのに適しております。

通常のイス・チェアは背もたれがあるので楽なのですが、それが長時間座るとなると、同じ姿勢を続けることできつくなり、結局疲れてしまいますね。

その点、バランスボールだと、正常な姿勢を保つので、実はこちらに座った方が長時間の作業が楽なのです。

(ただし、適度に休憩は必要、そう1時間おきぐらいですね)

そんなことからバランスボールを採用している企業もあるのですが、あの見た目はどうしてもオフィスには違和感がありますよね。

いくら健康に良いとは言っても、もう少しなんとかならないものだろうかとお思いの方もいるでしょう。

それならば、そのデメリットを払拭したバランスボールを使って見るのは如何でしょう。

 

ドイツ発!周りをソファ生地で覆ったバランスボール

先ほどの写真をご覧いただいた通り、表面をソファなどに使うファブリック(布地)を使ったバランスボールなのです。

こちらの商品「ファブリックシーティングボール」はドイツで生まれたバランスボールです。

 

これなら見た目にも違和感がないので、オフィスやリビングルームにもビッタリと合いますね。

このような用途に特化して考えられた商品です。

 

座ることに特化した機能が満載

こちらのバランスボールはオフィスやリビングルームで座って利用することを想定して作られておりますので、様々な工夫がなされております。

 

注目する点は、持ち運びしやすいように取っ手が付いていること、そして、底面に転がりにくくするようにリングが付いていることです。

座るときはいつもよりは集中しているとはいえ、何かの拍子にゴロンと転がらないとも限りません。

特にオフィスで重要な作業をしている時に、そんなアクシデントにあったらたまったものではありません。

 

そのようなトラブルが起きにくよう工夫されているのは嬉しいですね。

座ることに特化したバランスボールですので、座ることと、伸びをするぐらいで、それ以外のエクササイズには向いておりませんが、用途を割り切れば、なかなか魅力的なアイテムではないかと思われます。

 

 

バランスボールって結構出回っていると思うのですが、こういうアイテムはなかなか珍しいです。