「ダウンハンテン」モンベルの技術が詰まった半纏の口コミなど

スポンサードリンク

 

かつての冬の過ごし方と言えば、コタツで丸まってヌクヌクとするのが定番でした。

最近では家の断熱効果の向上などでコタツを使わなくなった家庭も多くなったようです。

それでも、やはり日本の冬はコタツで丸くなり、お茶とみかんを頬張るというイメージがあります。

 

そしてコタツとセットになるのが半纏(ハンテン)なのですが、こちらもほとんど見かけなくなりました。

丹前(タンゼン)や褞袍(ドテラ)、あるいはちゃんちゃんなどと呼ぶ地域もあります。

厳密にいうと半纏と丹前は違うもので、半纏は腰のあたり、丹前は膝までの長さがあるものです。しかし地域によって呼び方はまちまちのようです

 

 

024728

半纏を着てコタツに包まったり、机に向かって受験勉強などをした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あるいは、かぐや姫の「神田川」の世界のごとく、これを羽織って銭湯通いをしたという思い出をお持ちの方もいるかもしれませんね。

最近は部屋が暖かくなったのと、これよりも暖かい衣服が沢山あるので、半纏の出番はなくなりつつあります。

 

ところが、もはや消滅したと思われた半纏が意外な形で商品化したメーカーがあります。

なんとモンベル(montbell)です。

 

アウトドアメーカーmontbellが考案した「ダウンハンテン」

日本が誇るアウトドア総合メーカーのモンベル(montbell)が作ったのこちら。

見た目は半纏ですが、ワタの部分に使われているのがダウンなのです。

名前もそのまま「ダウンハンテン」です。

 

モンベルのようなアウトドアメーカーといえば、キャンプやトレッキング、登山などの関連グッズを取り扱っております。

アウトドアグッズで重要なのは、携帯性の良さと寒い時期の防寒です。

特に携帯性は軽くて持ち運びやすく、すぐにコンパクトにできるというのが重要です。

ダウンはそれに適しており、しかも防寒性に優れてます。

 

アウトドアグッズ開発での技術を生かし、日本人に馴染みのある半纏タイプの防寒グッズを作ってしまったというわけです。

 

半纏の手軽さと、ダウンジャケットの暖かさを融合したら

現在はフリースとか、モコモコ生地の部屋着で十分暖かいです。

それに比べると半纏は、最近の服に比べたら寒く感じます。

デザインもなんか野暮ったい印象も否めませんね。

 

でも、ささっと簡単に羽織れる手軽さが半纏の大きな特徴でありメリットです。

袖に手を通さず、肩にかけるだけでも暖かいですからね。

半纏の手軽さを生かしつつ、最近の防寒着に使われる軽くて便利なダウンを組み合わせた半纏。

実は意外とニーズがありそうです。

 

ダウンジャケットが持つ特性を生かし、表面は撥水加工がされ、汚れも簡単に拭き取ることができます。

また裏地は帯電防止加工を施し、気になる静電気の発生も抑えてくれます。

 

ダウンハンテン愛用者の口コミなど

果たして「ダウンハンテン」を利用しているユーザーはいるのか?

インスタで探してみるといました!

いくつか口コミも含めて掲載します。

View this post on Instagram

やっぱ名作だわ〜👍 両親へのプレゼントにもおススメです🤣 #montbell #ダウンハンテン

Hiroki Yokotaさん(@masaka_yokota)がシェアした投稿 –

 

やはり手軽さと意外な暖かさが好評のようです。

また、意外と若い年代の層の愛用者も多いのも特徴!

モンベルブランドは強い!

家での普段使いにも優れ、ちょっとした外出、旅行に持ち運ぶのにも便利です。

 

タイトルとURLをコピーしました