大人の紙おむつはここまで進化している「HASOCARE(ハッソー)」の製品に注目!

 

大人の紙おむつが、意外なところで利用されているエピソードを1つ。

 

昔、プロレス番組で蝶野選手が語っていたことなのですが、試合前にお腹を壊してしまい大変なことになりました。

でも、試合を放棄するわけにもいかず、付き人に紙おむつを買いに行かせ、それを身につけて試合をしたそうです。

 

こういう時は、もうなりふり構っていられないのでしょうね。

 

スポンサードリンク

紙おむつが便利だとわかっていても・・・

最近、CMでもよく大人用の紙おむつが紹介されております。

でも、やはり実用的なことを考えた機能のため、いかにもというデザインですよね。

(つまりダサい!)

 

便利なのはわかるのですが、あれを身につけなければいけないとなると、幾ら歳を重ねても抵抗がありますよね・・・。

 

中には紙おむつを身につけるという行為自体が、人としての尊厳に傷をつけてしまいかねないかという恐れもあります。

どれだけ爽やかに宣伝されても、紙オムツを履かないといけないと思うと、勧める側も言い出しにくいですよね。

 

これは一種の革命!オムツに見えない紙パンツ

しかし、最近、その点を考慮した製品をCMやネット広告で見かけるようになりました。

それが「ハッソーケア(HASOCARE)」の新素材機能性ショーツです!

 

まず見て欲しいのが、なんといってもこのデザイン!

%e7%b4%99%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%92

 

腰が深いタイプではありますが、パッと見ても、これが紙おむつとは、とても見えませんね!

 

%e7%b4%99%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%94

でも、中にはちゃんと吸水パッドがつけられるようになっているのです。

 

 

%e7%b4%99%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%93

 

他社製品と比べても、履いた時に、全く目立ちませんよね!

吸水性は言うに及ばず、紙のショーツなのに伸縮性もあり、内部の湿気もしっかり逃がす構造になっておりますので、身につけているときは常にサラサラで不快感を感じることはありません。

 

大事なのは、機能性よりもオムツではないというデザイン性

いわゆる紙おむつは大同小異ありますが、どうしても機能性を強調して販売されているものが多いと思います。

でも、一番重要なのは、やはりこれを履いて恥ずかしくないかどうかということですよね!

 

%e7%b4%99%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%96

どれだけシッカリしたものでも、本人が「オムツ」を履いているなと感じてしまうと、心が沈んでしまい、楽しくありません。

 

やはり元気になるには、身につけるものが若々しく、おしゃれなものであるのが一番です。

歳を重ねても若々しくありたいものです。

%e7%b4%99%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%97

 

これなら、ご自身でも抵抗なく履くことができますし、周りの方もさりげなくオススメできますよね。

 

現在のところは、いわゆる「尿もれ」に対応しており、大きい方(大便)まではカパーしていないようです。

でも、そちらの方も対処したおしゃれな製品が出れば、もっと心が自由になり、ハツラツとした生活を送ることができると思われますので、ぜひ期待したいものです!

 

 

なお、男性用もありますので、気になる方はチェックして見てください。

 

今のところ男性用はブリーフタイプになるのですが、将来的にトランクスタイプのものが登場するのを期待します。

 

タイトルとURLをコピーしました